「抗酸化物質」タグの記事一覧

◆パレオ協会ニュースレター◆  『食事の後の激しい頭痛、嘔気、体調不良…

食事の後に、食中毒でもないのに、激しい頭痛、嘔気、発熱、体調の著しい不調が出る場合があります。 その多くは、食品に添加されているグルタミン酸ナトリウム(味の素)や硝酸性窒素の過剰摂取によるものです。 私が近年、記...

Q&A 『食べ物の抗酸化物質について』

食べ物の抗酸化物質についてのご質問への回答をお伝えいたします。 (ご質問内容) お世話になります。 いつも有益な情報ありがとうございます。 何十年のさまざまな疑問が、先生の本で澄み切った青空に変わり一気に全巻読ませていた...

◆基礎医学ニュースレター◆  『抗酸化物質の常用が危険な理由』

ワクチンに含まれる酸化ブラフインナノ粒子が話題になっていますが、その酸化グラフィンの毒性を取り除くために、今度はアセチルシステイン(N-acetyl cysteine, NAC)などの抗酸化物質の効用が喧伝されています(Biocom...

基礎医学通信 『変性したタンパク質(protein carbonyla…

体内の細胞構成成分、酵素やホルモンなどのタンパク質を機能不全に陥らせるものを総称して「タンパク質のカルボニル化」(protein carbonylation)と呼んでいます。これはアルデヒド、ケトン体などの反応性の高いカーボニル物質(R...

基礎医学Q&A 『細胞内外の酸化還元について』

細胞内外の酸化還元状態についてのご質問への回答をお伝えいたします。 (ご質問内容) いつも貴重な情報を有難うございます 酸化還元状態について質問させてください 先生の書籍、DVDで病気の始まりは細胞内での電子の渋滞(...

基礎医学Q&A 『物質の二重結合について』

(ご質問) いつも大変お世話になっております 物質の二重結合について質問させて下さい 物質の二重結合が多いほど酸化されやすく炎症ゴミを生じやすいと理解しています。 ビタミンAの前駆体のベータカロチン過剰摂取も還元ストレスの原...

◆パレオ協会ニュースレター◆  『マイクロプラスチック、ナノプラスチッ…

近年になって、ようやく海洋のプラスチック汚染の研究が報告されるようになりました(Science. 2018 Jan 26; 359(6374):460-462)。 プラスチックの産生量は、1950年代には150万トンだったもの...

◆パレオ協会ニュースレター◆  『水素は酸化ストレスに有効か?』

こんにちは 事務局です。今回は、水素投与の是非についてのご質問に回答いたします。 ──────────────────────────────── (ご質問内容) 水素イオンは、解糖系では乳酸と共に細胞外に出ていくとありました...

Q&A 『ビタミンEについて』

ビタミンEについてのご質問に回答いたします。 (ご質問内容) ・抗酸化物質の危険性として、ビタミンEを、掲げておられましたが、穀物飼料を与える、牛の畜産において、ビタミンEは、必須のものである。プーファの、害毒を、ストレート...
圃場見学

慣行農業と自然栽培の作物に違いはないのか?/パレオ協会ニュースレター

こんにちは、先日の広島市超豪雷雨の中 繁華街から自宅まで約30分徒歩で帰宅した事務局の中野です(#^.^#) あの夜は、久々にビビりました!! 屋内にいても怖い雷を、屋外でモロに体験・・・・ タクシーを拾うにも空車は走っていなく...


このページの先頭へ