乳ガン|疾患別根本治癒法

乳がん

米国では乳がんは閉経後の60歳代に多くが発症しますが、日本の乳がんの平均年齢は40~60歳でいわゆる「更年期」に高率に発症していました。しかし、現在では米国、日本も含め世界各国で乳がんの発症の若年齢化が認められています。とくに「ミレニアル世代」(Millennials)と呼ばれる1980年代から2000年代序盤までに生まれた世代に多発し、死亡率も高くなっています。

乳がんの発症には、現代社会での多くの環境因子(エストロジェン感受性の乳がんに対するエストロジェン刺激やある種の化学合成物質の暴露など)の深い関与が指摘されています。乳腺組織に含まれる難燃剤(エストロゲン作用物質)は、サンフランシスコ在住の女性は日本やEUの女性の3~10倍もあったという報告もあります。

また植物性エストロゲンを豊富に含む大豆や亜麻仁などの食品の常用摂取も発ガンの原因として重要です。
これらはすべて慢性炎症をオンにして血液中の遊離脂肪酸を増加させるためガン増殖を加速させます。

乳がんに対する現代医療の治療は、やはり三大療法(手術、放射線、抗がん剤)。
この治療ではガン組織にダメージを与えるために、組織修復の過程でさらに新たにガン細胞をリクルートして再発させてしまいます。

乳がんの根本治療には、ガンのメカニズムをよく理解することが大切です。

1. 発ガンの原因になる物質を避けること
2. 食事を中心としたライフスタイル改善で慢性炎症を抑えること(=ガン増殖を抑える物質の摂取)

そして進行ガンや転移の場合は一時的にケトパレオ食事法にトライして頂きます。

乳がん治療対応プログラム

・ナチュラルパレオ
・メディカルパレオ



このページの先頭へ