「投薬」タグの記事一覧

医薬品の副作用各論

①抗リウマチ薬(DMARDs) メトトレキサート (リウマトレックス) 骨髄抑制、感染症、間質性肺炎、肝臓障害、腎臓障害、粘膜の炎症。悪性リンパ腫、白血病などのガン疾患が現れることがある。 (禁忌)妊婦、骨髄抑制、肝臓・腎臓...

医薬品の副作用★医薬品の副作用を軽減するために

1.良質の水分が必要 私たちの体の2/3は水分です。そして体内の水分の70%は細胞内にあります。体内の水分は、医薬品や重金属などの有毒物質を囲いこみ、主に肝臓で代謝し、腎臓まで運搬し排泄します。脱水になると有毒物質が蓄積するため生命に危険...

医薬品の副作用★医薬品の副作用の症状

医薬品の一般的な副作用 <一般症状> *発熱:48~57%、発疹:25~49% *消化器症状:28~60% *黄疸:61~78% *皮膚掻痒感、薬疹:37~59% *全身倦怠感:52% 薬剤の種類と使用...

医薬品の副作用★医薬品の副作用の分類

患者さん側から見れば、病を治す以外の作用はすべて副作用と表現されます。薬理学的に見れば、主作用に対する別の作用(side effect)、好ましくない作用(adverse reaction)、量が多いことにより生じる作用(中毒)、与薬量と関...

医薬品の副作用★医薬品の作用機序と薬理動態

医薬品の副作用を考える場合には、まず医薬品の作用そのものを知っておく必要があります。ここでは、医薬品の作用機序と薬理動態を簡単におさらいします。 医薬品の作用機序 医薬品の作用機序はそのまま副作用の作用機序となります。 そ...

医薬品の副作用

医療過誤(医療ミス)による死亡は、米国では心臓疾患・ガンに次いで多い死因となっています(日本でははっきりしたデータがありません)。米国の有名な医学雑誌に掲載された論文(JAMA 284 (2000)483-485)では、年間22万5400人...


このページの先頭へ