◆パレオ協会ニュースレター◆  『新型コロナ遺伝子ワクチンは重症化を防ぐのか?〜その1』


ネット時代になり、むしろ情報洪水によって真実が曇らされる事態になっています。

パレオ協会の会員様から以下の素朴なご質問を頂きましたので、この機会にこれまで発表された新型コロナ遺伝子ワクチンの臨床試験の結果をまとめます。

(ご質問)
65歳の男性です。いつも御協会には、お世話になりありがとうございます。
コロナウイルスの正体、ワクチン接種の闇について、いろいろ言われていますが、本当のところがよくわかりません。
私は、インフルエンザワクチン接種も高熱が出た経験から、接種していません。コロナワクチンは、重症化を防ぐと言われていますが、そのとおりなのでしょうか。ご教示いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
(転載終了)

これまでも拙著や記事で、今回の遺伝子ワクチンに効果がないどころか非常に危険であることを十二分にお伝えしてきたと思っていました。従って、なぜこのようなご質問が来るのか最初は不思議でした。

しかし、最新の一般の新型コロナ関連の医学論文を渉猟しているうちに、その謎が解けました。遺伝子ワクチンを実験的に施行した昨年から半年間のデータを解析した複数の論文が発表されていたのです。

私は、普段はこのようなゴミ論文は斜め読み程度しか読まないので、よく注視していませんでしたが、このような医学論文の結果をマスコミやSNSで拡散させているのでしょう。

ここは一般の方はもちろんのこと、医師や大学教授(これらの人たちも大衆です)などの専門家も洗脳されているところですので、根本のところから解説したいと思います。

それらの論文は、「リアルワールド解析(Real-world analysis)」と呼ばれているものです。考えられるバイアスを極力取り除いた臨床試験(ランダム化比較試験、RCT)ではなく、現実の社会で投与した場合の結果を単に解析したものです。

まず、これらのリアルワールド解析はたくさんのバイアスを含んでいるため、エビデンスレベルはいずれも低い「観察研究」あるいは「ケース・コントロール(症例対照)」研究の範疇に入るものです。せいぜい相関関係しか言及できず、因果関係を示すことはできません。

例えば、「ワクチンは効果がある」ということ(因果関係)はこれらの研究からは間違っても言えないのです。せいぜい言えるのは、「ワクチン投与と症状の軽減は相関している」程度ということ(相関関係)です。ワクチンが実際の症状の軽減をもたらすかどうかは、他の動物実験や現在行われていることになっている(実際は事実上廃止になった)ランダム化比較試験(RCT)という臨床試験をフェーズ1から3、そして実際の市場販売されてからの解析調査の結果を待たなければなりません。

まずここをしっかりと抑えておきましょう。

その研究がどのようなデザイン(ランダム化比較試験か、観察研究なのかなど)で行われているものなのかが非常に大切です。

それでは、早速皆さんを惑わしている新型コロナ遺伝子ワクチンのリアルワールド解析(Real-world analysis)論文を見ていきましょう。

まずワクチン先進国イスラエルの報告からです。イスラエルで実験的に遺伝子ワクチンを投与した場合、投与していない人との比較では、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



これらのリアル・ワールド解析の研究論文を個々に見ていくと、たくさんの問題が見つかりますが、それぞれに共通した問題を以下に指摘します。

最初にこれらは観察研究なので、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


これも数字のマジックであることを拙著で述べた通りです。

最後に安全性については、これらの観察研究、ケース・コントロール研究(さらには今回のフェーズ3の臨床試験も含めて)では、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



以上から、現在、大衆や専門家向けに喧伝されているリアル・ワールドの人体実験の結果の解析は、かなりのバイアスが入っているため、ワクチン接種と重症化減少の相関関係も怪しいものばかりなのです。

元々はこのような観察研究ではエビデンスレベルが低く、因果関係まで言えないので、最初にランダム化比較試験を計画したはずです。やはり遺伝子ワクチンに効果があるのか、あるいは安全性があるのかを知るためには、当初の臨床試験(ランダム化比較試験)の結果を待つしかありません。
2022年1月8日
────────────────────────────────

本情報・記事の著作権は全て﨑谷医学博士(﨑谷研究所)および(社)パレオ協会に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。また、この文章はパレオ協会会員のみにお送りいたしております。第三者に転送したり、Web サイトへアップするなどの再配信は固くお断りします。発覚した場合には、ニュースレター配信の送付を直ちに停止いたします。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

────────────────────────────────

事務局です。

◆最近の掲載記事
◆パレオ協会ニュースレター◆  『忍び寄るインフレと食糧危機』https://paleo.or.jp/bkmail/12322/

◆基礎医学DVD購入者を対象にしたQ&A記事を掲載しました。
「基礎医学DVD」Q&A https://paleo.or.jp/category/answer/kiso-dvd/

◆電磁波対策に!https://emfa-japan.or.jp/
エコレサイト商品をご購入希望の方は、当協会にてご注文を承りますのでメールにてご連絡ください。(電磁波協会担当者コード:EME01212 )

◆基礎医学シリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_basic/

◆健康パラダイムシリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_health/

◆「メディカルパレオプログラムDVD」
http://paleo.or.jp/dvdshop/

◆エネルギ―代謝を高める!厳選「ボトルサプリメント」
http://paleo.or.jp/supplementshop/

◆パレオ協会ホームページ
http://paleo.or.jp/

───────────────────────────────────
【配信元】
一般社団法人パレオ協会 事務局
〒861-8084
熊本市北区清水岩倉1-4-1
Tel / Fax 096-343-3750(平日10時~17時)

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)



このページの先頭へ