Q&A 『下肢静脈瘤について』

下肢静脈瘤についてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)
いつも大変お世話になっております。
下肢静脈瘤について教えてください。
コブのようになっていて痛みもあります、この場合は神経痛も誘発するのでしょうか?それとも血管痛を神経痛と勘違いしているのでしょうか?
お忙しい中申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

(回答)
・静脈瘤は、糖のエネルギー代謝の低下によって、静脈の血管壁(血管内皮細胞)がリラックスできずに、細胞内に水を引き込んで浮腫になることからスタートします。

・この血管内皮細胞の浮腫によって、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


いますから、静脈瘤は痛みとなって感じます。

・まず血管内皮細胞の浮腫は、糖のエネルギー代謝の低下(=甲状腺機能低下)で起こりますが、その中でも


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


大きな要因になっています

この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


を合成するのも、プーファの作用です(Am J Physiol. 1976 Apr;230(4):996-1002.)。

・したがって、プーファフリーは当然のこと、糖のエネルギー代謝を高め、かつ


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


抗エストロゲン作用を持つ、プロゲステロン、甲状腺ホルモン、脂溶性ビタミン(A,D, E, K)、カフェイン、サルチル酸などが静脈瘤には有効です。

このページの先頭へ