Q&A 『原始人食で治癒するのに要する期間について』


原始人食で治癒するのに要する期間についてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)

いつも大変お世話になってます。

長期の糖質制限、高脂肪食、ファスティング等でNAFLD(非アルコール性脂肪肝疾患)になるということを以前の質問でご教授頂きました。
個人差はあるかと思いますが原始人食で回復するにはどれくらいの期間を要しますか?

先日受けた職場での健康診断でAST36、ALT68、中性脂肪164、LDLコレステロール147、HDLコレステロール63、総コレステロール240で要精検判定でした。

(回答)

●長期の糖質制限、高脂肪食(高プーファ食)、ケトン食、ファスティングでは、食事中およびリポリシスによる自分の脂肪組織(皮下組織)からのプーファが肝臓に蓄積して、肝臓にダメージを与えるようになります。

●現代の肝硬変、肝がんの最大の原因は、高プーファ食(=現代食)および慢性ストレスによるリポリシスです。

●原始人食で、プーファ・フリーで完全に治癒するには、最低でも4年はかかります。これは肝臓のプーファの解毒に要する期間です。

●NAFLD(非アルコール性脂肪肝疾患)でも、4年原始人食に取り組めば完全に治癒します。

●血液検査に一喜一憂するのではなく、長いスパンで経過を観ていくことが大切です。

(参考記事)
Q&A『「健康状態が悪くなっている」という錯覚について』 https://paleo.or.jp/answer/8537/



このページの先頭へ