Q&A 『骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について』(2)

Tablet with the chemical formula of estrogen. Test tubes, tablets and chemical formulas.


骨粗鬆症(こつそしょうしょう)についての基本的な回答をシェアいたします。

(ご質問)
崎谷先生、いつもお世話になっています。
いつも貴重な学びを提供していただき本当にありがとうございます。

CTで私の骨密度はとても低いことがわかり、今後骨粗鬆症の危険があるので気をつけるようにと言われました。そして、100日間、骨密度を高めるエビスタ錠60mgを処方されました。

これは崎谷先生に伺ってから飲むかどうか決めますと言って、とりあえず帰ってきました。 これまでもメタトロンでカルシウムとマグネシウムが不足していると言われたことがあり、エプソムソルトをお風呂に入れ、ニガリを毎日摂取し、貝殻の化石の粉末を飲み、なるべく晴れた日は太陽に当たり毎日運動をするようにし、塩と当分は欠かさず
とにかく先生の栄養指導をなるべく守るべく生活していました。
これだけやってきているのに骨粗鬆症と言われて愕然としました。かなり糖分をとっているので多分足りないのだろうと、自然塩の分量を今年になってからさらに増やすようにしました。塩で目、鼻も洗い、洗顔も歯磨きも塩です。

とにかく全ての薬を絶っているだけに、とりあえず処方された骨粗鬆症の薬は飲んだほうがいいのか、それとも他の方法で骨密度を増やすことができるのか、アドバイスをいただけますでしょうか?

ご多忙の中申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

(回答)
・骨粗鬆症は、とくに閉経後の女性において、エストロゲン増加あるいはエストロゲン/プロゲステロン比が高くなることが主因となっています(拙著『ハチミツ自然治療最前線〜ポスト総ワクチン時代の処方箋』)。エストロゲンの高くなる原因が隠れていないかを調べてみる必要があります(プーファ、プレスチック汚染、大豆、農薬、重金属等)。

・エビスタは、エストロゲン


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?




このページの先頭へ