Q&A 『お茶の抗酸化作用について』

お茶の抗酸化作用についての基本的な回答をシェアいたします。

(ご質問)
いつもお世話になっております。
日頃飲むお茶に関して、崎谷先生のお考えをお聞きできたらと思い、質問させていただきました。

私は日頃から、チャーガというキノコをお茶にした「チャーガ茶」や、緑茶をよく飲んでいるのですが、これらのお茶は抗酸化作用があるので、糖のエネルギー代謝をブロックしてしまう飲み物でしょうか?

チャーガ茶はガンに効くとか免疫力が高くなるといわれているので、膠原病持ち(SLE、シェーグレン、関節リウマチ)の私にも何かいい効果があればいいなぁという気持ちで飲み始めたのですが、もし逆効果ならすぐにやめないと…と思っております。

そうは言っても、長年プーファを摂り続けてきた私の体の中はアルデヒドだらけだと思いますので、抗酸化作用のあるものも多少は摂った方がいいのでは…とも思います。崎谷先生のご見解はいかがでしょうか?

お忙しいところ恐縮ですが、ご回答いただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

(回答)
・緑茶やチャーガ茶には、ご指摘のように抗酸化物質が豊富に含まれています。これらはポリフェノールというファイトケミカルであるため、エストロゲン作用を持つだけでなく、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?





このページの先頭へ