Q&A 『MCTオイルの副作用について』

MCTオイルの副作用についてのご質問にお答えいたします。

(ご質問)
いつも多くの学びをさせていただき、ありがとうございます。

先月、どうしても揚げ物が食べたくなり、

たまにはと思い、MCTオイルを使って、ゴーヤチップスを作りました。

しかし、それを少し食べただけで、胃がむかむかするような、胃が重いような熱いような、気分が悪い症状になりました。
夫も同じようになりました。

なぜだろうと思い、原因がわかりませんでした。
先日、検証も込めて、また同じゴーヤチップスを作りました。

しかし、また同じ症状になりました。

もしかしたら、MCTオイルを高温で使用したことが原因でしょうか?
高温で使用したことにより、煙は少し出ていました。

もしどうしても高温加熱するなら、ココナッツオイルのが問題ないでしょうか。

それとも、MCTオイルの質が悪かった可能性がありますか?

油には気をつかっているつもりで、MCTオイルを信用していたので、大変疑問に思いました。アドバイスいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

(回答)
・MCTオイル(中鎖飽和脂肪酸)の摂取によって、頻繁に腹部不快症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢など)が起こります(Emulsification Increases the Acute Ketogenic Effect and Bioavailability of Medium-Chain Triglycerides in Humans. Curr Dev Nutr. 2017 Jul; 1(7): e000851)。これは、ケトン食を導入したときに起こる


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


同じということです。

・ケトン体は実際には、低血糖の時に、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


は厳に慎まなければなりません。



このページの先頭へ