Q&A 『日本でのプーファフリーの難しさについて』


日本でのプーファフリーの難しさについてのご質問に対する回答をシェアいたします。

(ご質問内容)
お世話になります。

友人に、先生のプーファフリーの本を紹介しました。本の始めから、魚やタバコの臭いが苦手とか、自分と一緒だ、と、喜んでいました。その友人は、オメガ3やオメガ6はもちろん、飽和脂肪酸をとっても体調が悪くなるそうです。オメガ9の脂質しか摂っていないが、それで大丈夫なのかと、本を読み終えてから私にメールが来ました。
その友人は、この20年、ほぼプーファフリーの食生活をしているのですが、体調があまり良くなく、慢性疲労性症候群と診断を受けています。
ベーキングパウダーが入っている焼き菓子を食べても気分が悪くなると言っていました。
まとまりのない質問で申し訳ありません。ご多忙の中申し訳ありません。よろしくお願いいたします。
(回答)
・基本的にご家族あるいは知人友人からという話は詳細が定かでないため、ご本人から直接の話して頂くことを前提としておりますことをご了承ください。

・まず日本人で20年間プーファフリーということは、私の臨床経験上は、私の本を読んでかつ海外生活でもしていない限りはありえません。日本を含めたアジアは、プーファの流通が世界でも飛び抜けて高い地域です。本物の乳製品も入手困難です。自分はプーファを摂取していないと言っている人でも、よく話を聞くとたくさん盲点があります(本人が意識していないところにプーファが混入している)。

・オメガ9とは


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


したがって、やはりご本人に詳細に話を聞く必要があるのです。



このページの先頭へ