Q&A 『皮膚からの排出について』


皮膚からの排出について回答いたします。

(ご質問内容)
いつもお世話になり有難う御座います。

皮膚は排出機関、ということで原始人食5年目、体温、代謝も上がり汗、垢がよく出ます。不飽和脂肪酸も排出されるためか、皮膚に膿、ただれ、痒みなどがでるようになりました。春先であることや免疫抑制が解除されて排出が始まったのか皮膚症状が不快です。

以前白癬菌(水虫)のところで、オメガ3によるマクロファージ(白血球)の食作用の機能不全と回答頂きました。過剰な水疱等の局所の規模は小さくなりましたが、患部範囲は指4本まで広がっています、マクロファージが機能して過剰な増殖を抑えつつも代謝が回って排出範囲が広がっている、と考えています。

子供の時は病弱で、よく体が膿んでは芯がのこり外科的に切除した記憶もあり、そういったものがだんだんと出なくなっていったので当時の環境や食習慣(プーファてんこ盛り)と共に免疫抑制状態からこの4年の免疫解除によっての再び皮膚からの排出かな、と思います。

なぜ膿むのでしょうか?膿は白血球の死骸だと、どこかで聞きました、なぜ皮膚から排出されるのでしょうか?肝臓や便などで排出されればよいと思うのですが、例えば肝臓などが弱っており皮膚の外にでるというシックネスパターンでしょうか?どのようにして皮膚排出と体内デトックスと分けられるのでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

(回答)
・ご指摘のとおり、皮膚とくに昔ダメージを受けた部位からプーファや過酸化脂質が排出されます。これは、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


シックネス・パターンは皮膚だけでなく、どこからも排出できない状態を指します。



このページの先頭へ