微生物と森と馬と人のリトリート(2019.11)

外に在るものが見えていないとき、ひとつのきっかけから、ゆっくり動いた。そうすると一つずつ繋がる。
「微生物と森と馬と人のリトリート」とのイベントがピンとフェイスブックであがってきた。
「微生物」「馬」に反応してすぐさま申込!
・田・畑の土づくりに大事な肥毒を取り除くこと。そのために微生物の力を利用。
・イチゴ天然酵母の食パンに感動して、天然酵母作りに挑戦。
・健康であるために、感性、アンテナが必要。
・子供が自分でご飯が作れるようになると良いな。
・子供が安心・安全を感じることが出来たら、家族も安心を感じ、健康でいられるのでは。
・コミュニティの重要性
・身体づくり
などなど。。
今まで、興味があったことや感じてきたこと、体験してきたことは、此処へくるための過程だったのだろう。
必要な時に必要なものがやってくる。そのタイミングを逃さなかった自分を褒める。まだまだ退化していないと自信を持とう。

お馬さんに癒され、干し草を与える。

馬と信頼関係を持つこと、麴を育てること、人と繋がること、全て同じ。
安心・安全・信頼・自身を感じるための丁度良い距離感。
そこに言葉は必要ない。

表現や意見交換として、最低限の言葉は必要でも、コミュニケーション・繋がることに、たいして言葉は必要ではなかった。(言葉は、コントロール、洗脳する道具としても使われるため、不健全な人が増えている。)
誰もが同じように体感できるよ。馬も植物も人も同じように、地球のエネルギーを受けて誕生したもの。言葉が必要なのは何のため?

此処へ来ようとポチッと申込みをしたときから、みんなと一瞬で繋がった。

他者に左右されない。

傷つけたり、排除したりするものがいない(安全)、ありのままを受け入れられる、そしていつでも受け入れられるよという待つ姿勢と信頼が安心感になる。

(ありのままって全部。区別することに意味はないが、良い点、悪い点、自身の病気も。)

生きること、生き続けることとは何だろう。
自然に寄り添い、五感で声を聴く。

それを感じた時に幸福感がプクプク湧いてくる。

森を歩くと落ち葉の堆肥で土がとても柔らかく、ふわふわ歩く感じがする。
頭の中もそんなフワフワ感で3日間を終えた。

帰路の車中で、ドンピシャな曲が流れた。
槙原敬之の「時代」。
何度も崩壊と再生を繰り返しながら、命を繋げていく。
人と繋がることには意味があるのだなあと思う。
強くて、空気のような、そして柔らかいエネルギーを持っている人たちと過ごす時間はとても癒され浄化されました。感謝。

モノをつくること、食べること、身体を動かすこと、円ではなく、ご縁で繋がるこれらのコミュニティは、小さくあちこちに沢山ある。それが一瞬で繋がる時がある。菌糸が伸びてお隣さんとくっつくように。きっとそれが最強のもの。目に見えなくてシステムではないもの。
また、歩く勇気を与えてくれる。

この森で生活する馬たちは、調教されない、自由が約束されている。

一般的に飼育される馬は一度、野生の持つ癖を捨てさせる(ホースブレーキング)ことを1~2歳馬でおこなう。
調教(ブレイキング)とは支配と非支配の関係を作る。そのブレイキングを止めよう。つまり教育、レッスン、人間の都合(エゴ)を捨てて、馬と一緒に森で過ごせるのか。調教をせずして一緒に居れる関係を見つけよう。それにはどうすればよいのか。

調教された馬を森へ連れてきたとき、人間を見ると走り逃げ去る。
安心・安全・信頼・自身のためのお互いの距離感。
どれだけの時間を費やし、交流、あるいは何もしない、正解は存在しない。フィードバックを繰り返しながら失敗は数限りなくある。

麹作りと似ています。

麹って、どうにかしようとしても、どうにもならないもの。
麹って手に負えないもの。手におえないものを信じるって、人を信じること、そして自分を信じること。

馬も微生物も人も同じだ。
自然体で生きるには言葉は必要ない。
森からのメッセージを感じることが出来る人たちと過ごした時間は穏やかでした。

麹作りと森を散歩で過ごした3日間、丁度季節は秋でした。厳しい冬に入る前に森の衣替え中です。「場を整えるお料理」として季節のお野菜を使ったお料理をいただきました。お野菜で出汁を取り、シンプルな調味料、塩麹を使ったシンプルな調理法は、「やっぱり、これで良いんだよね。」と確認できました。

「場を整えるお料理」にレシピはありませんし、全く同じ料理は作れません。お料理する方が、人と場の空気を感じて、地域にある食材で調理します。ふき、わさび、胡麻やナッツ、どんぐりなどもいただきました。

自然からの恵に感謝し、ご飯が食べれること、お布団で眠れること、縁のある人とお喋りが出来ること、こんなシンプルなことに心地よさを感じる。

「健康の秘訣は身体の姿勢と呼吸を整えること」を学ぶことも出来ました。
下半身をホールド、上半身はリラックス。
身体を動かす基本は同じだね。

おまけ、、、山の中へ着いて、インターネット接続をチェック。(療養なのに、インターネットは手放せないのが辛いところだ。)3G回線のルーターは圏外になっている。汗
どうしてもネット環境が必要なため、ルーターを握り、なでなでしながら、ただ祈る。
3Gの電波が3本立った。ホッ。



このページの先頭へ