添加物WS〜2021.8.29〜味醂〜「知らずに選ぶ」から「「知って選ぶ」へ


みりんとは。
高級な甘いお酒として珍重されてきました。アルコール度数14%あり、そのまま飲んでも美味しいお酒です。お酒から調味料として利用されるようになったのは、江戸時代後期にうなぎのたれやそばつゆに使われました。昭和30年、酒税が大幅減税になってから家庭でも使用されるようになりました。
みりんの材料、餅米、米麹、焼酎、醸造アルコール。仕込みの際にアルコールを使用しており、発酵食品ではありません。仕込みから時間をかけて糖化するのを待ちます。


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?




このページの先頭へ