SLEの検査と診断基準

SLEの検査

一般検査として炎症反応(CRP)、血液検査があります。
*一般検査
*免疫学的検査
・抗核抗体陽性(約95%)
<抗核抗体の内訳は下記のとおり>
・抗DNA抗体
・抗体因子
・LE因子
(LE細胞は、変性した白血球の核に血清中のLE因子という抗体と補体が結合し、これを新たな白血球が貪食したもの)
* 抗リン脂質抗体、低補体血症、高ガンマグロブリン血症など

SLEの診断基準

SLE(全身性エリテマトーデス)の診断基準(米国リウマチ学会)

以下の11項目のうち4つ以上を満たすものとする。

  1. 血液異常:溶血性貧血、血小板減少
  2. 腎臓障害:腎炎
  3. 関節の炎症:2つ以上の末梢関節
  4. 抗核抗体
  5. 特殊抗体:anti-DNA抗体, anti-Smith抗体
  6. 漿膜炎:胸膜炎、心膜炎
  7. 口内炎、口腔潰瘍
  8. 光過敏症
  9. 蝶形紅斑
  10. 円盤状紅斑(デスコイド)
  11. 神経精神異常


このページの先頭へ