人類本来のコミュニケーション/パレオ協会ニュースレター

こんにちは、
時間&曜日への感覚がやや鈍り始めている事務局の中野です。

毎日、あわただしく過ごしているのが原因なのか?
自分の気持ちに余裕がないのか?

今回の先生のお話を読んで
コミュニュケーションについてや自分の行動について思い返し・・・

少し反省いたしました。((+_+))

────────────────────────────────
■人類本来のコミュニケーション
────────────────────────────────

みなさんこんちは、パレオ協会崎谷です。

わたしたち人類が99%の期間を過ごしてきた
狩猟採集時代におけるコミュニケーションについて
新たな研究結果が発表されました。
(Embers of society: Firelight talk among the Ju/’hoansi Bushmen. PNAS, September 2014)。


今回は、その研究結果について考察していきたいと思います。

この研究は、カラハリ砂漠に現存する
ブッシュマン(狩猟採集民族)についての調査です。

人類は約100万年前から「火」を使い始めました。
それを調理などに定期的に使い始めたのは
約40万年前と推定されています。


ところがその「火」。

調理ではなく、もっと大切な目的に使用していました。

それは・・・・


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


これを私たちの現在の生活に置き換えると 夕食の時間あるいは、夕食後の家族との団らんが 非常に重要な意味をもってくるのではないでしょうか? 少し自分の日中の「とらわれ」から 一歩下がって自分を見つめる時間が欲しいものですね。

───────────────────────────────────

再び事務局の中野です。

今日のお話いかがでしたか?

中野の反省点は、食後の団らんです((+_+))

仕事を終え、帰宅後は洗濯や片付けに追われ
食事を済ませた頃には脱力し・・・・

家族との会話をほとんどすることもなく

気の向いた時だけ、孫と戯れ・・・
『さて!お仕事しなきゃ』と席を立ち
食後は、PC前に座り込む・・・・・・・・

自宅に帰っても仕事するのか!!って
自分でも思ってしまうことは多々ありますが

ある意味、家族とのコミュニケーションの場を
自ら避けていたのかな?と気づかせてもらいました(*^_^*)

メンバーとのコミュニケーションは大切な事
お嫁ちゃん・息子に ごめんねです。

本日のあとがきは 自分反省になってしましました
すみません(#^.^#)

 



このページの先頭へ