Q&A 『脳の電気刺激について』


脳の電気刺激についてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)

いつもお世話になっております。
友人が取材した記事なのですが、先生は脳刺激についてどう思われますか?人間をコントロールするための開発の一歩と感じ、手を出したくないと思いましたが、8割の人がやってみたいと答えたのには驚きました。
 何かの折に先生のご意見を伺えたらと思い、メールさせていただきました。

これがその記事です。
https://scienceportal.jst.go.jp/reports/other/20200205_01.html)

よろしくお願いいたします。

(回答)

・脳の電気刺激に関しては、昔からてんかんに対して用いられてきました。脳外科領域では数十年前から臨床応用されています。機能脳外科と言います。

・パーキンソン病に対して、症状を軽減させるために脳の特定部位を刺激する方法が主体となっています。

・まだ現代医療では、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


臨床実験(MK ultra)しています。

・健康人において、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


は認められていないようです(eNeuro. 2019 May-Jun; 6(3): ENEURO.0481-18.2019)。

・これは、記憶は


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


が担っているからです。

・さらに脳だけでなく、組織の電気刺激は条件によって、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



・問題は、個人の組織(周波、振動が異なる)がどのような条件の電気刺激が最適なのかを

この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


があるということです。

・また、あくまでも電気刺激による作用は


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


にとって代わると考えています。



このページの先頭へ