Q&A 『治療困難な水虫について』


水虫(tinea pedis, athelet’s foot)についてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)

お世話になります。
小学生で足の指に霜焼けがあり、後に水虫となり、成人後は数年かけて徐々に無くなっていきました。糖質制限、なんとかオイル等の巷の健康法、健康食品をやめて、せっせと糖質を取り始めて、これまでの間違いのつけがでたのか再発しました。コンテキスト依存と思いつつ、ハチミツやレッドライトで奮闘中ですが痒いので何かアドバイスをお願いします。

(回答)

・水虫は、私たちの形態形成維システム(免疫系と一般には呼ばれている)の異常により、白癬菌(Trichophyton rubrum)の処理の失敗によって引き起こされます。

・AIDS、重症感染症や臓器移植なども白癬菌などのカビに侵されます。これらはいわゆる免疫不全状態と呼ばれ、生命場に炎症ゴミが散乱している状態です。

・頑固な水虫(chronic widespread dermatophytosis (CWD))も実は、AIDSなどと同じく


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


したがって、かなり強い痒みを伴います。

・根本治療は、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


残念ながら、白癬菌に対する殺菌剤は難治性の水虫には効果がありません。

・皮膚に


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?




このページの先頭へ