Q&A 『食品、飲料水のアルミニウム汚染について』


食品、飲料水のアルミニウム汚染についての基本的な回答をシェアいたします。

(ご質問)
いつもお世話になっております。
お世話になっております。

重金属の真実などで学ばせて頂き、アルミニウムも極力避けることを意識するようになりましたが、

先日、海外サイトにて、私もよく食べている某大手の輸入キウイフルーツのアルミ濃度が高いというデータを見かけました。

どういう過程でフルーツにアルミニウムが添加されるのか、もしご存知でしたらお教え下さい。宜しくお願いいたします。

ちなみにこの件について論文等を検索した中で、日本酒の風味改良などにも塩化アルミニウムが使われていたり、膨張剤意外にも使われているケースがあるのだなと知りました。

(回答)
・現在、アルミニウムの環境汚染が深刻になっています。その主因は、人工的なアルミニウム塩の過剰使用にあります。医薬品、化粧品、加工食品(シリカアルミニウム)、アルミホイル、食品パッケージなど広くアルミニウムが使用されています(The Health Effects of Aluminum Exposure. Dtsch Arztebl Int. 2017 Sep; 114(39): 653–659)。

・キウィに限らず、食品広くにアルミニウム汚染が拡大しています。その中でも


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?




このページの先頭へ