Q&A 『乳児の食物アレルギーについて』

乳児の食物アレルギーについてのご質問への基本的な回答をお伝えいたします。

(ご質問内容)
お世話になります。

食物アレルギーの治療についてです。

今通常の小児科やアレルギー科では、0歳児の時点でアレルギー検査をして反応があったものは、ザジテンなどのアレルギー剤を飲んだあとに反応があった牛乳や小麦粉など少量(0.2ミリとかうどん1センチなど)を毎日食べさせるようにドクターから指示されるようです。

私的には0歳児はまだまだ母乳だけで十分だし腸壁もまだ完成していないのではと思うのでリーキーガットなど考えてもこの治療法がスタンダードなのか理解ができません。

ましてやわざわざ抗ヒスタミン剤を0歳児に飲ませてからのアレルゲン投与がプラスになるとは考えにくいのですが
大丈夫なのでしょうか?
この治療で食物アレルギーは治るのですか?
ご多忙の中申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

(回答)
・0歳児は腸壁が完成していないので、母乳栄養が最適です。この段階で、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


・しかし、0歳児の赤ちゃんを犠牲にするのは、まさに医師たちに根深く潜在する優生思想か拝金主義のなせる業です。食物アレルギーの根本原因も理解できない現代医学に、病気の治療を期待するのは時代遅れになっています。



このページの先頭へ