Q&A 『後縦靭帯骨化症(OPLL)について』


後縦靭帯骨化症(OPLL)についてのご質問へ回答をお伝えいたします。

(ご質問内容)
お世話になります。
以前より右肘、首の後ろに痛みがあったが我慢しており、テニス肘だと診断されていました。
今年のGW中に左腕の痛みが強くなり、歩くことも困難になったので、違う医師に診てもらったところ、レントゲンに影があり、再度MRIで検査したらOPLL(後縦靭帯骨化症)と診断されたました。
リハビリ治療の牽引治療は激痛が走るので出来ず、現在は電気で首筋を温めるのと、マッサージによって少しは楽になり、現在は上を向いて寝れるようになりました。
マッサージが効くまでは横を向かないと寝れませんでした。
治療方法が無いと言われていますが、なにか良い方法、または良い先生をご存じでしたら教えてください。
ご多忙の中申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

(回答)

・後縦靭帯骨化症(OPLL)は、頸椎の後部の靭帯が骨化することで、頸髄や頸髄から出てくる神経を圧迫する状態です。アジア人に多いとされています。

・頸部の靱帯に骨ができるというのは、腎結石と


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


を改善することで、症状は軽減していきます。

・プーファ・フリーおよびしっかりと糖、塩を大前提(最低4年は継続)として、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


を心がけてください。



このページの先頭へ