Q&A 『遺伝子ワクチンの反応について』


遺伝子ワクチンの反応についてのご質問への基本的な回答をお伝えいたします。

(ご質問内容)
お世話になります。
ワクチン2回摂取を完了した周囲の人達の様子を見ての印象と疑問です。
男女問わず比較的抵抗力がありそうな人(若者や筋肉ある男子)に、高熱、酷い関節痛、胃腸障害などが見られ、数日後に全身に蕁麻疹が出た人も。50代以降はほぼ何も無し。
明らかに糖のエネルギー代謝が回っていそうな人の方が強い副作用が見られました。接種後2日以内が悪化のピークですが(かなりの量の解熱剤服用あり)、これはアジュバンドかつ運搬役でもあるPUFAに対して白血球がゴミ処理を行ったのでしょうか?もしそうであるなら、細胞のDNAに組み込まれる確率は副作用の出なかった人よりも低いと言えるのでしょうか?
年齢と共に糖のエネルギー代謝が落ち、免疫の老化が副反応の無さに繋がっているのかとも思いました。
因みにワクチンを接種しなかったストレス満載の人も、しっかり感染症状が出て、長く胃腸障害に悩まされていました。正にエクソソームだなと思った次第です。
ご多忙の中申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。
(回答)

・糖のエネルギー代謝が回っている場合、ワクチン(毒性物質のスープ)を接種するとすぐに排出します。このときに、アナフィラキシー、発熱、悪寒、関節痛などの全身症状が出ます。

・しかし、現代人はほとんどが糖のエネルギー代謝が低下していて、すでに免疫抑制状態です。したがって、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


というのは、糖のエネルギー代謝が低下しているサインと見てよいです。



このページの先頭へ