Q&A 『妊娠の悪阻(つわり)について』


妊娠の悪阻(つわり)についてのご質問へ回答をお伝えいたします。

(ご質問内容)
お世話になります。
現在つわりに苦しんでおり、パレオ協会に入会しました。

食材の質にはかなり気を付けてきましたが、プーファや炭水化物・脂質・タンパク質の割合は、崎谷先生の本を読むまで気にしてきませんでした。
今は穀物・豆類の摂取を減らし、タンパク質、はちみつを摂るよう心掛けています。
水も吐いてしまい入院した第一子の時よりは、症状が少し軽い気がします。
改善に必要な対処法や先生の書籍等がありましたら、ご教示いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。
(回答)

・妊娠に伴う悪阻(つわり、Hyperemesis Gravidarum)の原因は、いまだに現代医学では解明されていません。しかし、嘔気・嘔吐は、エストロゲン、セロトニン上昇が伴うことは分かっています。

・妊娠初期から現代社会の女性は、プロゲステロンだけでなく、エストロゲンも上昇しています(Hyperemesis Gravidarum,
StatPearls, Last Update: November 21, 2020)。糖のエネルギー代謝が回っていれば、プロゲンステロン優位になるのですが、現代社会の女性は、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


が常時上昇しています。

この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


を摂取してみましょう。それで少しつわりが軽減できましたら、フルーツ、コラーゲンを摂取してください。胎児にとって何よりも必須なものは、

この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?




このページの先頭へ