Q&A 『歯の着色について』


歯の着色についてのご質問への回答をお伝えいたします。

(ご質問内容)
お世話になります。
私は40代女性なのですが、中学生の頃から歯の着色が気になっておりました。
「真っ白よりは少しくらい黄色い歯の方が強い歯だ」という話はよく聞きますが、それにしても黄色すぎて清潔感に欠けると、当時から思っておりました。
今もそれは変わりません。
コーヒーなど、色のついた飲み物を飲んでいてもいなくても、ずっと着色があります。

私はマグネシウムを利用するのが苦手な体質なようで、着色があるのは、歯の再石灰化が上手くできていないためという話を聞いたことがあり、そういったところが関係しているのかと考えています。

しかい、マグネシウムのサプリを摂っても、着色に大きな変化はありません。

歯の着色と、糖のエネルギー代謝の間には何か関係があるのでしょうか?
ご多忙の中申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。
(回答)

・歯が黄色に見えるのは、歯の中心部の象牙質


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


も歯を白くするのに有効ですが、これも乳製品に含まれています。



このページの先頭へ