Q&A 『人生のアドバイスについて』

権力者の縁故のない大半の人間の生きるアドバイスについてのご質問への回答をお伝えいたします。

(ご質問内容)
お世話になります。

薬剤師をしている33歳の男性です。
貴重な情報の提供、取捨選択、統合など日々勉強させてもらっています。ありがとうございます。

ここからは個人的な話になります。(個人的な話はお受けできかねます、とあったのでルール違反なのは承知です。すいません。なので返信は無くても大丈夫です。)

僕は知人の影響で現代社会の闇を知り、その後、栄養学や現代医療が仕組まれていることを認識してから5年ほど経ちます。
現代医療の歯車の一部に過ぎないと自覚しながら、お金を稼ぐために仕事をして、家に帰ってからネットや本で(真実と思われる)情報をインプットし、資産管理や健康管理など自分や家族のためにできる限り実行してきました。

仕事をこなして生きていくことはできるのですが、真の意味で社会に貢献している実感が乏しく、「本当にそれでいいのか?」と考えることが多くなってきました。
できるなら自分の世代、次の世代のためになるような仕事がしたいと思っています。それには現代医療の範囲外で仕事をしなければならないと思うのですが、なかなか難しい現状です。
崎谷先生から得た情報を自分で考えたかのように振る舞って仕事をするのは犯罪だと思いますし、崎谷先生の本やサイトを紹介するだけでは仕事になりませんし。。。

仕事をするときは誠実な自分でいたい、というのが本音です。
まだ考え中ですが、社会のために自分にできることは必ずあると思います。それを考え、探し続けようと思います。
こんな発展途上の僕ですが、先生のような人生を生きるためのアドバイスをください。
ご多忙の中申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。
(回答)

・私もようやく自分がやってきたことをこれで良いと確信をもったのは、昔は寿命だった50歳になってからです。30歳代は、特にシステムの奴隷であることから脱却することを考え、様々なことに手を出しました。

・その当時は、この人類の凄惨な歴史を頭では理解できていても、それは単なる情報に過ぎず、現在のようにそれを知恵として生かすことができなかったと回顧できます。

・現在のご状況は、この情報だけが蓄積している段階だと思います。それを本当の血肉にしていくには、多くの失敗を繰り返しながらも試行錯誤していくこと以外にありません。

・私たち日本人はユダヤ人との血縁がない限りは、この世では成功することはありません。日本を支配しているといわれている


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


これがすでに20代で見極められる人もいれば、私のように50歳を過ぎてようやく見極められた遅咲きの人間も多数います。「本当にそれでいいのか?」と考えることがスタートです。試行錯誤を繰り返しながら、失敗を多く経験しながら、地道に積み上げをしていくことこそ、権力者(生まれながらに生活のために何もしなくてよい)には到底不可能な真の成功を収めることができる、私たちに残された唯一無二の使命なのです。



このページの先頭へ