Q&A 『ストレス物質の多いバナナ、キウイについて』


バナナについてのご質問への回答をお伝えいたします。

(ご質問内容)
お世話になります。
バナナは栽培される環境や肥料などの条件からストレス物質をもつ果物だと認識しており、あまり食べないようにしてきました。
スーパーで、還元型農法で育ったバナナを見付けたのですが、傷ついたバナナや茎、葉などから作られた肥料で南米エクアドルで育ったバナナでも、やはりストレス物質はあると考えるべきですか?
化学肥料を使わず育てた「有機バナナ」もたまに見かけますが、これらもストレス物質があると考えた方がいいですか?ご多忙の中申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。
(回答)
・バナナやキウイは、アレルゲンとなるキチナーゼ(Chitinase)などのストレス物質が多いことを基礎医学で述べましたが、それ以上に問題になるのは、農薬、殺虫剤の残存です。

・バナナも糖分が高い果物ですので、様々な虫に食べられます。キウイも同様に必ず農薬が使用されています。したがって、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


が報告されています。これらの農薬の残存は、各国でその上限基準値が大きく異なることもあり、実際は規制・管理がない野放し状態というのが実態です

この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


・人工的に完熟させたものでは、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


あとは、同じ輸入元のものばかりを食べずに、他の輸入元のものもいくつか食べてみて、リスクを分散することも必要になります。



このページの先頭へ