Q&A 『「骨髄異形成症候群」について』

「骨髄異形成症候群(Myelodysplastic syndromes (MDS))」についてのご質問の回答をシェアいたします。

(ご質問内容)
お世話になっております。
先日、鍼灸の患者の紹介で70歳(男性)の相談を受けたのですが、4年前に骨髄異形成症候群と診断されたとのことで、赤血球や白血球が少ないとのことでした。

検査・診断された4年前には相続問題によるストレス過剰で体調がかなり悪かったようです。

昔から息切れはしやすく、お母さまも貧血だったのでもともと骨髄異形成症候群を昔から抱えてたのだろうというのが医師の診断のようですが、昔から山岳部であちこち高山を登られている方なので息切れの苦しさと不安が顕著なのはここ数年の話です。

ご本人は産まれて来た時、奇形で足の第2〜4足趾がくっついていたそうなので、母体のエネルギー代謝不全もありそうです。

骨髄抑制はプーファによる甲状腺機能低下と仰られていたと記憶してますが、骨髄異形成症候群も同様の捉え方でよろしいのでしょうか?
ご解答をいただけると幸いです。ご教示頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
(回答)
・「骨髄異形成症候群(MDS)」は、骨髄での造血(赤血球、白血球)に支障が出る骨髄機能不全です。数%が


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


血液ガンにも当てはまります。

・現代医学では、放射線、抗がん剤、水銀・鉛などの重金属、そしてベンゼンなどのエストロゲン作用を持つ毒物などをその原因として挙げています(Oncol Rev. 2018 Jul 4; 12(2): 397)(Medicina (Kaunas). 2020 Aug; 56(8): 376)。

・また自己免疫疾患との関連も報告されています(Am J Hematol. 2016 May;91(5):E280-3)。以上から、何からの毒性物質によって、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


部分兆候と見て差し支えないと考えます。



このページの先頭へ