◆パレオ協会ニュースレター◆  『新型コロナウイルスと肺炎の関係は??』


こんにちは 事務局です。

────────────────────────────────
新型コロナウイルスによる執拗なパンデミックのプロパガンダが予想通り進行しています。

デパートやスポーツジムでも、入り口で体温を測定するようになりました。

マスコミが毎日「死亡数が〜〜名に」「感染者が〜名に!」と騒ぎ立てると、冷静に分析を求められる医師でさえも浮き足立っている有様です。

この死亡数や感染者数は、医療の現場を知っているので、決して正確な数字ではないことは分かります。

正確ではない(全てを測定することは不可能)ことを前提にしても、毎年のインフルエンザウイルス感染による死亡数、死亡率より低いことは間違いありません。

毎年のインフルエンザウイルス感染も同じように、毎日マスコミが取り上げて「死亡数が〜〜名に」「感染者が〜名に!」と騒ぎ立てると、毎年パンデミックでマスク製造会社やワクチン業界は笑いが止まらなくなるでしょう。

さて、今回のパンデミック騒ぎもその死亡の原因は、武漢の深刻な大気汚染、5G放射能汚染あるいは汚染された食料・プーファ過剰などにあるとお伝えしてきました。

インフルエンザウイルス感染の死亡も[hidepost=0]高齢者や病院に入院しているような免疫抑制状態にある人に限定されます。

環境汚染(最大はプーファ)、5G、放射能汚染などは、この免疫抑制状態を作り出すのです。

そこに炎症を引き起こす因子(今回は生物化学兵器)が少しでもプラスされると、肺炎だけなく、多臓器不全(MOF)[/hidepost]で死亡するのです。

もちろん、わざわざコロナを発生させなくても、バクテリア感染や精神的ストレスが加わるだけで、同じ状態になります。

さて、最新の研究で、新型コロナウイルスによる肺炎の特徴が報告されています(Radiology, 200230 2020 Feb 4)。

その特徴を挙げると[hidepost=0]医学用語では、「両側性のすりガラス陰影と浸潤影」でした。

「両側性のすりガラス陰影」は、間質性肺炎といって、関節リウマチなどの全身の炎症性疾患や放射線障害や慢性炎症で引き起こされる肺線維症の特徴です。

肺線維症は、肺がんの前がん病変です。

つまり、なんらかの免疫抑制状態にある人が呈する肺炎像なのです。

このパターンは他のウイルス感染やマイコプラズマ肺炎でも起こることがありますが、基本的には、免疫抑制状態による肺の慢性炎症像を示しています。

そして「浸潤影」。
これはバクテリア(細菌)による肺炎の特徴です。
[/hidepost]
実際に今回の新型コロナウイルスの感染では、[hidepost=0]肺炎を引き起こすプレボテラ(Prevotella)という常在バクテリアが同定されています( OSF Preprints, 3 Feb. 2020. Web.)。

以上から、肺の炎症像からすると、新型コロナウイルス肺炎は、免疫抑制状態にバクテリア感染[/hidepost]したものと考えるのが妥当でしょう。

そもそも肺炎の人の血液などの検体から、コロナウイルスが検出されたからと行って、コロナウイルスが肺炎を引き起こしたという因果関係をどうやって証明するのでしょうか?

その因果関係を証明するためには、以下の4つの手続きが必要になります。
[hidepost=0]
1. 肺炎で死亡した人から、全て新型コロナウイルスが検出されること
2. 新型コロナウイルスを分離して同定されること(電子顕微鏡等)
3. その分離した新型コロナウイルスを他の人に感染させると同じく肺炎になること
4. 感染した人の病巣部(この場合は肺)から新型コロナウイルスが同定されること

これをコッホの原則(Koch’s postulates)といい、[/hidepost]ある微生物が病気を引き起こすという因果関係を証明するためには必須の手続きです。

現実の感染症、特にウイルス感染では、[hidepost=0]この手続きを経ずに因果関係と断定しているものがほとんどです。[/hidepost]つまり、いまだに病原体が病気を引き起こすのかは、ほとんどは証明されていないのです。

これが、私がいつもお伝えしている「感染症は存在しない」あるいは今後詳しくお伝えしていくことになる「ウイルスは存在しない」という真実につながっていきます。

────────────────────────────────

本情報・記事の著作権は全て﨑谷医学博士(﨑谷研究所)および(社)パレオ協会に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。また、この文章はパレオ協会会員のみにお送りいたしております。第三者に転送したり、Web サイトへアップするなどの再配信は固くお断りします。発覚した場合には、ニュースレター配信の送付を直ちに停止いたします。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

────────────────────────────────

再び事務局です。
◆最近の掲載記事
ココアからチョコレート作り http://paleo.or.jp/recipe/9701/
Q&A 『慢性上咽頭炎について』http://paleo.or.jp/answer/9698/
Q&A 『ラジウム温泉について』http://paleo.or.jp/answer/9695/
Q&A 『気象操作の影響について』http://paleo.or.jp/answer/9692/
Q&A 『甲状腺腫について』http://paleo.or.jp/answer/9690/

◆電磁波対策に!https://www.regina-ecore.com/cat-living/cat-living01.html
エコレサイト商品をご購入希望の方は、当協会にてご注文を承りますのでメールにてご連絡ください。(電磁波協会担当者コード:EME01212 )

◆基礎医学シリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_basic/

◆健康パラダイムシリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_health/

◆「メディカルパレオプログラムDVD」
http://paleo.or.jp/dvdshop/

◆エネルギ―代謝を高める!厳選「ボトルサプリメント」
http://paleo.or.jp/supplementshop/

◆パレオ協会ホームページ
http://paleo.or.jp/

───────────────────────────────────
【配信元】
一般社団法人パレオ協会 事務局
〒861-8084
熊本市北区清水岩倉1-4-1
Tel / Fax 096-343-3750(平日10時~17時)

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

このページの先頭へ