崎谷博征プロフィール

【経歴】
1968年 奈良県生まれ。奈良県立医科大学・大学院卒業、脳神経外科専門医。ガンの研究で医学博士取得。国立大阪南病院、医真会八尾病院を経て、私立病院の副院長を務める。現在は、総合医、ロイヤルホリスティックカウンセリング院長として、ガン、難病、原因不明の慢性病を対象にした治療を確立し、根本治療指導に従事している。
社団法人パレオ協会代表理事、NPO法人日本ホリスティック療法協会理事。エネルギ―量子医学会会長。

 

「エネルギー代謝・場の理論」創始者でもあり、生物学・人類学・考古学・物理学など学問の垣根を取り払い横断的に研究し「原始人食」(崎谷式パレオダイエット)およびパレオライフスタイルを確立した。「リーキーガット」「リーキースキン」「リーキーベッセル」、又「プーファ(PUFA)」「リポリシス」「健康の場(ヘルスィネス・フィールド)」「病気の場(シックネス・フィールド)」「ガンの場(キャンサー・フィールド)」「ガン安心療法」という概念を日本で初めて定着させた第一人者でもある。

栄養学やライフスタイル改善の啓蒙、並びに全国で医師・治療家および一般の方を対象に、講演・セミナー活動を行っている。
また、近著として、『プーファフリーであなたはよみがえる』、『病はリポリシスから』、『糖尿病は砂糖で治す』を2017年に出版。『ガンは安心させてあげなさい』を2018年に出版している。

このページの先頭へ