子宮がん(ガン、癌)の原因

子宮がん(ガン、癌)の原因は他の病気と全く同じで遺伝と環境の相互作用ですが、西洋諸国で罹患率が増加していることから、生活習慣を含めた環境要因が非常に大きな役割を果たしていることが推測されます。環境因子と関係するガンは全体の90%にのぼると見積もられています。

子宮がん(ガン、癌)細胞が発生するためには、核の遺伝子遺伝子(DNA)の突然変異によって、増殖のスイッチがONの状態のままになります。通常は、このような異常細胞が出現した場合は、細胞のミトコンドリアが自殺命令を出すことで異常細胞である子宮がん(ガン、癌)細胞を消し去ります。このミトコンドリアの自殺機構(アポトーシス)がダメになると子宮がん(ガン、癌)細胞の増加を止めることが不可能となります。

また白血球も子宮がん(ガン、癌)細胞などの異常細胞を攻撃して、バラバラに分解するのですが、この一連の炎症反応もミトコンドリアが鍵を握っています。

まとめると、ミトコンドリアの機能異常や数の減少によって、子宮ガンの発生を許し、私たちの命が奪われるまで子宮がん(ガン、癌)細胞は無限大に増殖していくのです。また、そもそもの核の遺伝子の突然変異も紫外線などの特殊な外因性物質を除けば、ミトコンドリアで発生するフリーラジカル(活性酸素)によって引き起こされるのです。

そしていったん子宮がん細胞が出来上がると、環境によるエストロゲン様物質あるいは肥満(いずれも現代社会の環境刺激)によるエストロゲンの皮下脂肪の蓄積あるいは慢性炎症を継続させる感染などにより、子宮がんの進行が加速されます。

子宮がん(ガン、癌)の原因2

子宮がん(ガン、癌)の環境危険因子について

子宮がん(ガン、癌)の危険因子は以下のものです。

  • ・高血圧
  • ・糖尿病
  • ・妊娠回数の少なさ
  • ・肥満
  • ・遅い閉経

子宮がんの家族歴は危険因子とされていませんので、やはり子宮がんの発生には、生活習慣を含めた環境因子が大きな比重を占めています。

子宮がんの発生が減る因子としては、避妊薬の服用があげられます。

いずれもエストロゲンの増加や月経回数が多い場合に、子宮がんの発生率が高まります。したがって、閉経後の更年期障害のホルモン治療も子宮がん発生の危険が高まります。

当研究所の生活習慣改善では子宮がんの危険因子の排除を行っております。

子宮がん(ガン、癌)の原因3

発ガン物質として有名なタバコ、ラドン、石油化学物質、アスベスト、毒性物質、紫外線などのほかに私たちのライフスタイルが発がんと強く関係していることが分かっています。

米国では1990年代初期から,25?64歳の4大がん(肺がん,乳がん,前立腺がん,大腸がん)の死亡率が低下しています。エモリー大学のグループは,種々の統計データを用いて,1993?2001年のこの年齢層の4大がん死亡率を学歴別に比較しました(Kinsey T, et al. J Natl Cancer Inst 2008; 100: 1003-1012. )。

その結果,少なくとも16年間教育を受けた男女および人種層では,黒人女性の肺がんを除いて,各がんの死亡率はすべて有意に低下していました。対照的に,教 育歴が12年未満の人々では,死亡率の有意な低下が認められたのは白人女性の乳がんのみで,白人女性の肺がんと黒人男性の大腸がんの死亡率はともに有意に 上昇していました。

この米国における近年の主要ながんの死亡率低下は主として高学歴層の死亡率低下を反映している結果は何を意味しているのでしょうか?

がんのような老化に伴う病気は特に生活習慣によって予防や進展防止が可能であることを示しているのです。生活習慣改善を馬鹿にせずに実行した方には健康という経済的にも見合う財産を享受するでしょう。



このページの先頭へ