子宮がん(ガン、癌)の治療

子宮がん(ガン、癌)の治療1

まず現代医療の子宮がん(ガン、癌)治療をまとめます。

  1. 手術療法
  2. 放射線療法
  3. 化学療法

の一般的ながん(ガン、癌)治療の三本柱です。

子宮頚がん

上皮内がんの場合、冷凍療法(cryotherapy),レーザー凝固、円錐切除、単純子宮摘出が手術的治療で行われます。

それ以外の子宮頚がんは、広汎子宮全摘出術が行われます。転移のある子宮頚がんや膣壁下1/3,骨盤壁などに広範に浸潤しているものは、手術適応はなく、化学療法と放射線療法になります。

子宮内膜(体)がん

子宮内膜(体)がんが子宮体部に限局している場合は、準広汎子宮全摘出術+両側付属器摘出+リンパ節郭清が手術治療で選択されます。子宮内膜(体)がんが子宮頸部に及ぶ場合は、広汎子宮全摘出術、にリンパ節郭清が基本です。
子宮内膜(体)がんが子宮外に及んだり、あるいは転移しているものは手術に加えて化学療法と放射線療法を行います。

子宮がん(ガン、癌)の治療2

子宮がん(ガン、癌)の治療方針

子宮頚がんと子宮内膜がん(子宮体がん)の治療は、極力子宮がん細胞の拡大を抑え、同時に自己治癒力を引き出していくことに集約されます。

子宮がん(ガン、癌)の発生の原因となる酸化ストレス(感染、重金属、紫外線などの放射線など)を除去しながら、現存する子宮がんの拡大を防ぐことが治療の柱となります。

子宮がん(ガン、癌)の発生の原因となる酸化ストレスを生活習慣改善で除去し、抗がん剤や自然治療を併用して現存する子宮がんそのものの拡大・転移を抑えていきます。

崎谷研究所の子宮がん(ガン、癌)治療の概要は、

  • (1)子宮がん(ガン、癌)細胞の拡大をストップする
  • (2)生活習慣、環境要因を整えることで酸化ストレスに耐性をつくる
  • (3)自己治癒力を引き出す

この治療方針は子宮がん(ガン、癌)治療のゴールデンスタンダードです。子宮ガンの拡大・転移を防ぎ、時間をかけてゆっくり生活習慣改善を実行し、自己治癒力を引き出していくという統合治療が子宮がん(ガン、癌)の治療戦略となります。抗ガン剤を使用する場合は、副作用を軽減する方法も併用していきます。

子宮頚がん(ガン、癌)の手術療法

浸潤性子宮頚がんのステージによって術式・治療法が決まります

浸潤性子宮頚がん(悪性)の手術療法

ステージ 子宮頚がんの範囲

Ia1.
Ia2.
Ib
(子宮頚部に限局している)
単純子宮摘出術
拡大子宮摘出術
拡大子宮摘出術+骨盤・傍大動脈リンパ節切除+腹膜洗浄又は骨盤内放射線治療 
II
IIa
IIb
(子宮頚部近傍に浸潤している)
Ibと同じ
放射線治療+化学療法
III
IIIa
IIIb
(子宮頚部近傍からさらに広く浸潤している)
放射線治療+化学療法
放射線治療+化学療法
IV
IVa
Ivb
(子宮頚部より離れた部位にまで浸潤)
放射線治療+化学療法
放射線治療+化学療法

限局性の子宮頚がん以外は、手術適応はなく、放射線治療+抗がん剤治療となります。

子宮体がん(ガン、癌)の手術療法

浸潤性子宮体がんのステージによって術式・治療法が決まります

浸潤性子宮体がん(悪性)の手術療法

ステージ 子宮体がんの範囲

Ia1.
Ia2.
Ib
子宮全摘出+両側卵巣・卵管摘出術
II
IIa
IIb
子宮全摘出+両側卵巣・卵管摘出術
III
IIIa
IIIb
子宮全摘出+両側卵巣・卵管摘出術および放射線治療+化学療法
IV
IVa
Ivb
子宮全摘出+両側卵巣・卵管摘出術および放射線治療+化学療法

子宮体がんの治療は、手術療法を中心に、浸潤子宮ガンに放射線治療と抗がん剤治療を加えます。



このページの先頭へ