鶏肉の照り焼き


子供から大人まで好評です。食材を水っぽくならない様に炒め、煮詰めたタレをしっかり絡めるコツは、かき混ぜすぎないようにします。
(材料)
鶏もも肉 300g
椎茸 8個


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



甘めのタレと茹で卵の塩との組み合わせは箸が進みます。
ステンレス製のフライパンを使用する際は、強めの中火で余熱をしっかりとり、バターを入れて馴染ませ、食材を入れたら、しばらく放置、かき混ぜすぎず、火を通します。
食材を一度にたくさん入れることでフライパンの温度が下がり、食材がフライパンにくっつきやすくなります。食材に熱が伝わるまでかき混ぜない様にします。
フライパンを2個使用し、一度使ったら余熱を取ってからお湯・水に浸けます。フライパンが熱い状態で水を入れると、フライパンがダメージを受けますので避けます。
普段はきび砂糖で照り焼きのタレを作ります。今回、きび砂糖がなかったので黒糖+蜂蜜でアレンジしました。蜂蜜はクセのないタイプを使用します。我が家の蜂蜜は自家採蜜し、農薬・除草剤・殺虫剤・グリホサート・放射能検査を行い不検出でしたので安心しました。



このページの先頭へ