SLEの疫学

SLEの疫学

  • 日本では特定疾患として登録されている人数が5万人(実際はこれより多い)
  • 男女比は1:8で女性に多い(月経前と閉経後では、男女比は変わらなくなる)
  • 世界的にも地域差はないが、白人には少ないといわれる(アフロアメリカンの20-40代女性に多い)

SLEと妊娠

  • 自然流産の確率が高くなる
  • 胎児死産の確率が高くなる
  • 未熟児の確率が高くなる
  • 妊娠第3期にSLEの慢性炎症症状が悪化することがある(子かん前症、妊娠中毒症と間違われることがある)


このページの先頭へ