◆パレオ協会ニュースレター◆  『なぜ同じ環境で症状が出る人と出ない人がいるのか?』


こんにちは 事務局です。

────────────────────────────────
なぜ自分だけがこの様な辛い思いをするのか・・・・

その巡り合わせに世の中を恨んだこともある人もいるでしょう。

私も40歳の後半に人生で最初にアトピー様の皮膚炎が出た時には驚きましたが、同時にサイエンスの基礎通りともいえる結果でした。

自分よりはるかに食習慣を含む生活習慣の悪い人たちに、なぜ湿疹が出てないのか、その当時はかなり考え込みました。

その答えはこうです。

私の場合、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


その強力な免疫抑制のおかげでアトピー性皮膚炎やアレルギーとして体内の毒物が排出されて炎症が起こることがないのです(これは私の「アレルギーの慢性病予防説」です(^_−)−☆)。

(慢性病の人のマインドに多い「自分の体質だけは特別」ということは、同じ生命体である以上あり得ません)。

つまり、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



しかし、症状はなくとも体内では大量の“炎症ゴミ”が蓄積しています。

これが顕在化してくるのは、すでに体が癌で蝕まれている(進行性)、あるいは心筋梗塞や脳卒中で急死するという形です。

それでは“手遅れ”です。

これらの免疫抑制物質(毒性物質)をフリーにして、糖のエネルギー代謝を高めると、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


できている良いサインです。

ここでステロイドなどの免疫抑制剤を使用すると、本物のアトピー性皮膚炎、喘息、食品アレルギーへと発展していくのです。

アトピー性皮膚炎や喘息は、その実態は医療介入による「医原病(iatrogenesis)」と言って差し支えないでしょう。

現代社会に溢れる免疫抑制物質(=生命場を汚染する物質)の他にも要因はあります。

その一つは、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


ことで、その悪影響を最小限にすることができます(^_−)−☆。

これが生命のダイナミックさを物語るものであり、生命の本質が“しなやか”であることの傍証です。

「免疫抑制」というのは、慢性病に共通する主要な特徴です。

ご自分の日常生活あるいは現在の治療が、症状を抑えるだけの免疫抑制になっていないかどうかを“手遅れ”になる前に再度確認しておきましょう。

────────────────────────────────

本情報・記事の著作権は全て﨑谷医学博士(﨑谷研究所)および(社)パレオ協会に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。また、この文章はパレオ協会会員のみにお送りいたしております。第三者に転送したり、Web サイトへアップするなどの再配信は固くお断りします。発覚した場合には、ニュースレター配信の送付を直ちに停止いたします。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

────────────────────────────────

再び事務局です。
◆最近の掲載記事
Q&A 『乳幼児のアトピーについて』http://paleo.or.jp/answer/9770/
Q&A 『気胸について』http://paleo.or.jp/answer/9766/
◆電磁波対策に!https://www.regina-ecore.com/cat-living/cat-living01.html
エコレサイト商品をご購入希望の方は、当協会にてご注文を承りますのでメールにてご連絡ください。(電磁波協会担当者コード:EME01212 )

◆基礎医学シリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_basic/

◆健康パラダイムシリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_health/

◆「メディカルパレオプログラムDVD」
http://paleo.or.jp/dvdshop/

◆エネルギ―代謝を高める!厳選「ボトルサプリメント」
http://paleo.or.jp/supplementshop/

◆パレオ協会ホームページ
http://paleo.or.jp/

───────────────────────────────────
【配信元】
一般社団法人パレオ協会 事務局
〒861-8084
熊本市北区清水岩倉1-4-1
Tel / Fax 096-343-3750(平日10時~17時)

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

このページの先頭へ