◆パレオ協会ニュースレター◆  『ライ脳症の真実!ーアスピリンがなぜ悪者になったのか』


こんにちは 事務局です。今回は、ポップカルチャーだけでなく、現代医学にさえ蔓延している「アスピリン危険説」について詳しくお伝えしていきます。

────────────────────────────────

インフルエンザウイルス感染による合併症として「ライ脳症(Reye encephalopathy)」があります。

「ライ脳症」とはインフルエンザウイルス、水疱瘡(みずぼうそう)などのウイルス感染や消化器感染後などに肝臓障害から脳症(意識障害、ケイレン)を引き起こす病態をいいます。

この脳症は、最初に1963年に『ランセット』誌にダグラス・ライ博士らによって症例報告されました(Lancet 1963; II: 749-52)。

その後もライ脳症のような症例報告が散見されましたが、1980年代までは、確立した診断方法もありませんでした。

ライ脳症は、少なくとも19種類のウイルス感染と関連していることが報告されています(London: Chapman & Hall Medical, 1992: 531-47)。その他にもクラミジア、マイコプラズマなどの感染後にも同様の脳症が見られます。

さらに、感染以外にも殺虫剤、農薬、医薬品などによってもライ脳症と同じ脳症を起こすことが分かっています(Eur J Pediatr 2000;159: 641-8)。

殺虫剤、農薬はDDT、有機リン系などほとんどがエストロゲン作用物質です。

インフルエンザウイルス感染後に起こることが最も多い(73%)ため、「インフルエンザ脳症」ともよばれます(Treasure Island (FL): StatPearls Publishing; 2018-.2019 Jan 17)。

問題は、1980年代にこのライ脳症がアスピリンと関連づけられるビッグキャンペーンが行われたことです。

そのおかげで今でも医師たちも含め一般の人たちも、アスピリンとライ脳症をリンクするという洗脳にどっぷりつかっています。

中世から、とくにヨーロッパの貴族階級では


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


それにも関わらず、ライ博士が症例報告する以前の1950年代では、ライ脳症の報告はまったくありませんでした。

おそらく中世の方がアスピリン摂取量が多かったはずですから、アスピリンと脳症が関連しているのであれば、必ず報告があったはずですね。

さらにライ脳症が数千例報告された1970~1980年代に、アスピリンの使用量が増加したというエビデンスは皆無です(London: Chapman & Hall Medical, 1992: 531-47)。

さて、「アスピリン危険説」ビッグキャンペーンが展開されたのちに何が起きたかというと・・・・

発熱(感染)には、アスピリンに代わり、アセトアミノフェン(パラタモール、タイレノール)という解熱剤が劇的に売れるようになりました。

事実は小説より奇なり・・・・・・

実際は、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


氷山の一角にすぎません。

アセトアミノフェンは、現在日本の医療現場でも乱用されていますが、抗炎症効果をもたない解熱剤です(ただ見かけ上の解熱をさせるだけ)。

炎症を抑えることもなく、少し過量になるだけで、2~3日も摂取すれば肝臓障害を引き起こします。

さらに・・・・・

その後は、これまたアスピリンが胃を荒らすというデマが流されて、新しい消炎鎮痛薬(Cox-2 inhibitor)が発売されるようになります。

実際はアスピリンは胃腸を保護するだけでなく、肝臓・脳などの全身の臓器を守ります。これは


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


がまったく異なることが分かっています(Lancet 1983; 322: 104)(Hepatology 1984; 4: 687-90)。

続いてライ脳症はどのような病態なのでしょうか?

これはまず肝臓に炎症が起こることから始まります。典型的な脂肪肝から肝炎が起こります(非アルコール性脂肪性肝疾: NAFLD)。

現代で最も多い肝硬変・肝がんの原因ですが、その真の原因はいつもお伝えしてきているものです(^_-)-☆(『慢性病は現代食から』参)。

この肝臓の炎症が激化した場合、肝臓で解毒処理ができなくなります。

とくに


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


場合によっては死に至ります。

ライ脳症(インフルエンザ脳症)とは、肝臓のダメージが原因の「肝性脳症」なのです。

ただ、成人の肝性脳症との違いは、ライ脳症(インフルエンザ脳症)が乳幼児~小児に起こることです。

最近のライ脳症の症例報告では、新しい消炎鎮痛薬(Cox-2 inhibitor)や単にインフルエンザウイルスA型感染後に起こっています(Ochsner J. 2018 Winter;18(4):425-427)(Zhongguo Dang Dai Er Ke Za Zhi. 2018 Nov;20(11):944-949)。もちろんアスピリンの投与はありません。

そしてライ脳症の血液検査では、アンモニアの他に「遊離脂肪酸(現代人はプーファ)」が10倍以上に上がります(J Clin Invest 1985; 76: 816-25)。

これは、現代医学では、肝臓での脂肪代謝(脂肪のβ酸化)がダメージを受けているからという説明がなされています。

たしかに、アセトアミノフェンなどの肝障害を引き起こす物質で、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


しかし、その場合は肝臓に脂肪が溜まるだけで(いわゆる脂肪肝)、血液中に大量の遊離脂肪酸が出ている状態を説明できません。

これは、ライ脳症では


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



これがライ脳症のメカニズムです。

川崎病という血管の炎症性疾患があります。この川崎病にはアスピリンが治療薬として効果があるために、標準治療として使用されています。

アスピリンの投与量は、1日30 ~100 mg/kgですが、川崎病で治療している子供がライ脳症になったという報告は皆無に近いです(0.005%以下)(Arch Dis Child 2004; 89: 1178)。

ドクターたちに知ってもらいたいのは、アスピリンをアセトアミノフェンに変えると、ライ脳症だけでなく、喘息などのアレルギー疾患も増加することです(Ann Aller Asthma Immunol 1998; 81: 347-51)(Thorax 2000; 55: 266-70)。

そしてアセトアミノフェンや他の消炎鎮痛剤(NSAIDs)は、セロトニンというストレスホルモンを上昇させます(Life Sci. 2000 Jun 8;67(3):235-40)(Metab Brain Dis. 2004 Jun;19(1-2):71-7)。

これらの医薬品の使用(セロトニンの上昇)は小児の自閉症と関連しています(Saudi Med J. 2018 May; 39(5): 487–494)(Neuroscience. 2016 May 3; 321: 24–4)。


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


アスピリン危険説は、本当に危険な医薬品のプロモーションに使われた「でっち上げ」だったのです。
────────────────────────────────

本情報・記事の著作権は全て﨑谷医学博士(﨑谷研究所)および(社)パレオ協会に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。また、この文章はパレオ協会会員のみにお送りいたしております。第三者に転送したり、Web サイトへアップするなどの再配信は固くお断りします。発覚した場合には、ニュースレター配信の送付を直ちに停止いたします。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

────────────────────────────────

再び事務局です。
◆最近の掲載記事◆
Q&A 『乳酸菌は全て良くないのか?』http://paleo.or.jp/answer/9483/
Q&A 『ステージ4の胃がんについて』http://paleo.or.jp/answer/9479/
Q&A 『余命半年と宣言されたことについて』http://paleo.or.jp/answer/9476/
Q&A 『重曹(sodium bicarbonate)の効能について』http://paleo.or.jp/answer/9472/
Q&A 『日本の生クリームについて』http://paleo.or.jp/answer/9446/

◆電磁波対策に!https://www.regina-ecore.com/cat-living/cat-living01.html
エコレサイト商品をご購入希望の方は、当協会にてご注文を承りますのでメールにてご連絡ください。(電磁波協会担当者コード:EME01212 )

◆基礎医学シリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_basic/

◆健康パラダイムシリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_health/

◆「メディカルパレオプログラムDVD」
http://paleo.or.jp/dvdshop/

◆エネルギ―代謝を高める!厳選「ボトルサプリメント」
http://paleo.or.jp/supplementshop/

◆パレオ協会ホームページ
http://paleo.or.jp/

───────────────────────────────────
【配信元】
一般社団法人パレオ協会 事務局
〒861-8084
熊本市北区清水岩倉1-4-1
Tel / Fax 096-343-3750(平日10時~17時)

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

このページの先頭へ