『花粉症の舌下免疫療法について』パレオ協会ニュースレター号外2019.3.16


花粉症の現代医療の治療についての会員さまからのご質問に回答いたします。

(ご質問)
花粉症の治療について質問させていただきます。

自分の周りでは花粉症の根本治療として舌下免疫療法をやってる人が多いのですが、この治療法が花粉症の根本治療になるというのがどうも納得いきません。
3年~5年と長期に渡って薬を服用し続けるこの治療法はどちらかといえば副作用の方が心配になります。
私自身、免疫系に作用する薬を服用することも抵抗があります。

舌下免疫療法に関する先生の考えを教えていただけたらと思います。
よろしくお願いします。

(回答)
舌下免疫療法とは、アレルゲンとよばれる物質をわざわざ体内(血液中)に投与する方法です。

舌下よりアレルゲンを血管内に入れて全身の反応を引き起こすものです。

現代医療の仮説では、アレルギーにはアレルゲンを徐々に暴露していくと、感度が落ちて(感作性が低下する)いずれアレルギー反応が起きなくなると考えています。

これは、薬物治療におけるダウンレギュレーションと同じ考え方です。薬物治療のダウンレギュレーションとは、同じ薬物を同量持続投与すると、徐々に効果がなくなってくる現象を言います。

その説明として、[hidepost=0]私たち側が、その薬物に対する反応を鈍らせる(受容体が少なくなる)からだとしています。これは大きな勘違いとしかいいようがありません。

私たちの体は、糖のエネルギー代謝が回っている限りは、薬物といいう毒の処理能力を高めるべく酵素が誘導されるのです。薬物を代謝する酵素がたくさん作られるようになるので、薬の効き目がなくなってくるのです。[/hidepost]

ただし、アルコールを飲めない人がいるように、酵素の毒物処理能力にも限界があります。

アレルギーにもこの勘違いが適応されているということです。

アレルゲンを薬物と同じように慢性投与すると、それに耐性ができてアレルギー反応がなくなるという非常に危険な”幻想”です。

花粉については、再度『オメガ3の真実』をお読み頂きたいと思いますが、[hidepost=0]花粉に含まれるアルデヒド(花粉のオメガ3成分から産生されるアイソプラストン)が炎症を引き起こします。

糖のエネルギー代謝が回っている場合、この花粉を吸ったり、飲み込んだりして血液内に入ったとしても迅速にゴミ(アルデヒド結合体)を処理します。

ところが現代人の多くに花粉症が多いのは、糖のエネルギー代謝が低いことで、このゴミ処理がうまくいかないために、慢性炎症が続くのです。

花粉症がひどい人は、おそらく腸内でゴミ処理がうまくいかない結果、腸粘膜での炎症からエンドトキシンが血液内に流入していると考えています。

鼻水・くしゃみ・痒みなどの全身症状はエンドトキシンが白血球からヒスタミンを遊離するからです(Agents Actions. 1986 Apr;18(1-2):149-52)。[/hidepost]

さて、このメカニズムを頭に入れて舌下免疫療法を考えてみましょう。

元々花粉症がある人は、糖のエネルギー代謝が回っていないか、腸の状態が非常に悪い(リーキーガットやSIBOがある)人たちです。

これらの人たちに、たとえ微量でも花粉を人工的に継続投与するとどうなるでしょうか?
[hidepost=0]
確実にアレルギー反応か自己免疫反応を引き起こします。長期的にはワクチンと同じように自己免疫疾患を引き起こす可能性さえあるのです。

舌下免疫療法で治ったという稀な症例は、おそらくたまたま糖のエネルギー代謝が一時的に良くなったからではないかと考えています。

これはうつ病やアルコール中毒の回復例と同じで、実際は薬が治したのではなく、[/hidepost]自分の糖のエネルギー代謝が戻ったために自然回復しているのです。

このページの先頭へ