■パレオ協会ニュースレター「プーファ(PUFA)とエネルギー代謝について」

こんにちは事務局の菅原です。

6月に入ったと思ったら、あっという間に「梅雨入り」ですって!
こうしてあっという間に半年が過ぎ、あっという間に晦日だ、お正月だとなるのでしょうね。。。

さて、今回も、会員の方からのご質問です。

いかがでしょうか?
わたしは実は、このご質問を、難しいなぁと感じました(苦笑)。

しかし、おそらく同じように
文字を読解することよりも、声や身振り手振りを交えた「感覚(五感)」の方が、ずっと理解が進むという方は、少なくないのでは?とも思います。

6月23日@東京で開催予定の「THE・質問セミナー」では、
文字だけでは理解が深まらない内容についても、
また、挙手では聞きにくいようなことについても、事前アンケートにてお気軽にご質問いただけます。

受講のみなさんから投げかけていただくことで、専門用語ではなく、普段の暮らしの中で捉えやすい言葉で、やり取りすることが可能です。

この「THE・質問セミナー」の機会が
「理解」を超えた「知恵」への、一助となりますと幸いです。

────────────────────────────────
■パレオ協会ニュースレター「プーファ(PUFA)とエネルギー代謝について

────────────────────────────────

こんにちは。

崎谷です。

今回は「ビタミンの真実セミナー」を受講された会員さまのご質問の回答の後半部分をシェアいたします。

質問1

崎谷先生こんばんは。非常に楽しいミネラル、ビタミンの授業をありがとうございました!!

ビタミンの授業中にRandle’s Gulcose Fatty-acid Cycle(糖-脂肪酸サイクル)について質問させていただきました。こちらは日本語の情報がなく、なんとか英語のwikipediaだけ読んで全体を理解しました(英語が不得意なのできちんと読めていないかもしれません)。

Randle cycle(Wikipedia)

https://en.wikipedia.org/wiki/Randle_cycle

こちらには以下の記述があります。

Fatty acids may act directly upon the pancreatic β-cell to regulate glucose-stimulated insulin secretion.

脂肪酸は膵臓のβ細胞においてグルコース誘発性のインスリン分泌を制御する

This sequence occurs because of the initial event, triggered by fatty acid oxidation, is an increase in the mitochondrial ratios of [acetyl-CoA]/[CoA] and [NADH]/[NAD+].

These both serve to inhibit pyruvate dehydrogenase activity.[7] It has been proposed that these changes lead to an accumulation of cytosolic citrate, which in turn inhibits PFK-1, followed by an increase in glucose 6-phosphate, which eventually inhibits hexokinase.[5]

アセチルCoA/CoA と NADH / NAD+ の比率が上昇するとPDH(ピルビン酸脱水素酵素)を不活性にする。またそれはTCA回路でのクエン酸蓄積によっても起こる。(ざっと要約です)

脂肪酸のβ酸化では大量のアセチルCoAが出来るので、

グルコースからの

ピルビン酸 → (PDH) → アセチルCoA

にネガティブフィードバックがかかるのだと思っていました。

(実際、Randle Cycleをそのまま読むと、そのように思われます。アセチルCoAはクエン酸になる。)

崎谷先生から「PDHの不活性はアセチルCoA過剰のネガティブフィードバックではない」
とご回答をいただきましたが、もう少し理解を深めたいのでご解説をお願いします。

(回答)

まずランドル効果というものから説明いたします。
糖・果糖のエネルギー代謝が生命の基本です。

ところが脂質(脂肪酸)とくにプーファ(オメガ3&6)が存在すると、糖・果糖の代謝の邪魔をしてしまうというのが、ランドルが発見した代謝異常です。

この研究は1960年初頭のもので、そのころはプーファがなぜエネルギー代謝を邪魔するのかが詳しくは分かりませんでした。現在までの研究でプーファのエネルギー代謝をブロックする作用は複数にのぼります。


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


質問2

「飽和脂肪酸の過剰摂取はインスリン抵抗性を増す」とも話されましたが、飽和脂肪酸がインスリン抵抗性を増すエビデンスはあるのでしょうか?これについては論文を複数チェックしましたが、ラードなど飽和脂肪酸と言えないものの実験ばかりで、それが飽和脂肪酸によるものなのか確認できませんでした。(オメガ3がインスリン抵抗性を改善させるという論文は多数出ています)

また、Randle Cycleでは、脂肪酸がインスリン抵抗性を増すのではなく、膵臓でのインスリン分泌を制御すると書いてあります。(どちらが正解かは重要な問題かと思います)

今回の授業では、細胞のHealthとSicknessの分かれ道となるPDH活性をPUFAから産生されるアルデヒドが不活性にしてしまうとことでした。

これは、アルデヒドがPDHに結合して不活性にさせるというメカニズムでしょうか。また、ステロイドホルモン以外のアミノ酸から作られる酵素は全てアルデヒドによって変性→不活性となる可能性があるのでしょうか。

脂質の真実では「不飽和脂肪酸のβ酸化も危険」と話されておられてましたが、アルデヒドを産生しないβ酸化でもなぜ危険なのか、理由が気になります。

飽和脂肪酸でもインスリン抵抗性を増すこと、そして健康な細胞の中心は「糖・果糖」であること、Randle Cycleの脂肪酸酸化が糖の燃焼を抑制するメカニズムを合わせて考えると、「どんな脂肪酸であっても脂質がエネルギー代謝の中心になってしまうこは糖の完全燃焼の妨げになる」ということでしょうか。

長くなりましたが、Randle Cycleの本質を知ることで、エネルギー代謝の理解が深められそうです。宜しくお願いします。

(回答)

飽和脂肪酸はインシュリン抵抗性を引き起こします(PLoS Med. 2016 Jul 19;13(7):e1002087)。

しかし、過量摂取しない限り(実生活では不可能)糖代謝に問題が出ることはありません。飽和脂肪酸はPDHをブロックしないからです。

一方のプーファは短期的な効果ではインシュリン感受性を高めます。しかし、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


いずれのご質問もプーファ、リポリシス、糖・果糖のエネルギー代謝について詳しく書いた拙著が夏以降に出版される予定ですので、是非ご自分のご理解を深めるためにもご活用ください。

またその基礎となる知識は、メディカルパレオプログラムのアップデート版(DVD)で収録いたしましたので、そちらも併せて復習して頂けると幸いです。

■本情報・記事の著作権は全て﨑谷医学博士(﨑谷研究所)および(社)パレオ協会に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。またこの文章は、パレオ協会会員さまのみにお送りいたしております。第三者に転送したり、Web サイトへアップするなどの再配信は固くお断りします。発覚した場合には、ニュースレター配信の送付を直ちに停止いたします。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

────────────────────────────────

再び事務局の菅原です。

◆崎谷医師による直接診療(@ロイヤルホリスティッククリニック)
お待たせしました!「メタトロン健康診断」もスタート!
@東京:7月8月のお申込みはこちら http://royalholistic.jp/
@福岡:6月のお申込みはこちら http://royalholistic.jp/fukuoka_201706/

◆セミナー情報一覧ページ
会員専用価格ができました!
http://paleo.or.jp/seminar/4125/

◆6月24日スタート!「世界一わかりやすい基礎医学」完全制覇セミナー
http://paleo.or.jp/seminar/6057/

◆今年も季節到来!2017パレオアクティビティ「キャニオニングin屋久島」
http://paleo.or.jp/official/6295/

◆崎谷先生も食べている「パレオセット」
野菜が新鮮、こんな卵食べたことないと大好評です。
http://paleo.or.jp/official/3472/

◆究極のジビエ肉「ジビエセット」があなたのご自宅に!
http://paleo.or.jp/official/4058/

◆崎谷医師監修サプリメント「MITOMAX」
http://paleo.or.jp/supplement/

パレオ協会・会員様ページ
http://paleo.or.jp/

───────────────────────────────────
【配信元】
社団法人 パレオ協会 事務局
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-6 テロワール南青山103
電話番号:03-3400-8853 (平日10時~17時)
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

=================================================================

このページの先頭へ