■パレオ協会ニュースレター「感染症の治療について」

こんにちは事務局の菅原です。

GWは、いかがお過ごしになられましたか?
各地お天気にも恵まれ、絶好の行楽日和となったのではないでしょうか。

さて、毎月のセミナーにご参加になられるみなさまをはじめ、
崎谷医師へお寄せいただくご質問が、日々、大変増えてきております。

このような活発な学びの姿勢は、大変嬉しく、
できるかぎりのご回答に努めておりますが、

回答できる数にはやはり限りがあり、
なかなかお答えが追いついていない状況となっております。

つきましては、6月、4日は大阪、23日は東京にて、
崎谷医師への「THE・質問セミナー」を開催いたします。

今一度、確認したい基礎的なことから
しっかり専門的なものまで、どんなご質問でもお寄せいただけます。

崎谷医師による、口頭での直接の回答と、
またその回答へと至る生命の仕組みを学んでいただく機会として、
ぜひご活用いただけますと幸いです。

さて、今週の会員様からのご質問、
「感染症の治療について」です。

────────────────────────────────

■パレオ協会ニュースレター「感染症の治療について」

────────────────────────────────

 
こんにちは。
崎谷です。
 
「感染症」ついてのご質問がありましたので回答をシェアしたいと思います。
 
(ご質問)
「知人が「非結核抗酸菌症」という診断を受けました。肺の抗酸菌症(常在菌でしょうか?)のバランスが悪いそうです。現代医学では予防、治療ともに困難であるとのことです。
最近読んだ本に、デイビッド・モントゴメリー著「土と内蔵」
農地と土壌と私たちのからだに棲む微生物への無差別攻撃の正当性が疑われている。
 自分のパレオライフスタイルに半農という選択肢、自然栽培の家庭菜園を加える決定打になりました。生物は「土」無しではまっとうに生きられないようです。畑とは「微生物による土づくり」だそうです、軽トラで山に行き森林浴を兼ねて落ち葉集めたりします。自身や外部環境、色々とパラダイムシフトしてます。
「環境を整えれば自然治癒力が働く」
しかし、西洋医学では「非結核抗酸菌症」と呼ばれる状態の人間は、土に触れることも避け、行き着く所は抗生物質漬けだそうです。治せないと公言する人間から、治ると信じて「人間らしさを失う加工食品」を頂いて帰る知人。
パレオは実践していませんし子供も障害者がいます、ライフスタイルの不備は明らかです。
何かアドバイスを頂ければと思います。
 
(回答)
 
デイビッド・モントゴメリーは「土の文明史」という本を数年前に拝読いたしました。今回の本は、生命の仕組みと土壌の勉強をしている人にはあまり新鮮味がない内容ですね(誰でも書ける内容ということです)。もっと生命というものを勉強して頂くとさらに良い本が書けるのではないでしょうか。
 
さて、「非結核抗酸菌症」についてです。
 
非結核性肺抗酸菌は土や水などの環境中に存在する菌で、結核菌とは異なり、人から人には感染しません。この点は、ピロリ菌と同じですね。
 
結核も含め抗酸菌の特徴は、“細胞内”に感染するということです。
 
マイコプラズマも同じく細胞内感染します。
 
細胞内感染した場合は、一般に抗生物質の治療が困難とされています。
 
しかし、これは従来の医学のパラダイムです。
 
ウイルスも同じく細胞内感染ですが、抗酸菌も細胞内でおとなしく共生している分には何も問題は起こりません。
 
ところが一般にバクテリアは

この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


 
最終的に酸化ストレスが起こるとそこで激しい炎症が起こります。
 
その炎症を起こすファクターが「長鎖不飽和脂肪酸」なのです。
 
したがって、

この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


 
あくまでもホスト(宿主)側の条件、つまり土壌の条件を整えて揚げないと悪循環になります。
 
まずは原始人食(アップデート版)をしっかり順守すること。
 
そして細胞内の状態をよくするような物質(ビタミンの真実セミナーで詳述しております)を日常的に摂取することが大切です。
 
細胞内の状態を戻す物質をご希望される場合は、協会の方にお申し出ください。
 

■本情報・記事の著作権は全て﨑谷医学博士(﨑谷研究所)および(社)パレオ協会に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。またこの文章は、パレオ協会会員さまのみにお送りいたしております。第三者に転送したり、Web サイトへアップするなどの再配信は固くお断りします。発覚した場合には、ニュースレター配信の送付を直ちに停止いたします。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

────────────────────────────────

再び事務局の菅原です。

◆6月7月8月崎谷医師による直接診療(@ロイヤルホリスティックカウンセリング)
http://royalholistic.jp/

◆セミナー情報一覧ページ
会員専用価格ができました!
http://paleo.or.jp/seminar/4125/

◆6月24日スタート!「世界一わかりやすい基礎医学」完全制覇セミナー
http://paleo.or.jp/seminar/6057/

◆崎谷先生も食べている「パレオセット」
野菜が新鮮、こんな卵食べたことないと大好評です。
http://paleo.or.jp/official/3472/

◆究極のジビエ肉「ジビエセット」があなたのご自宅に!
http://paleo.or.jp/official/4058/

◆崎谷医師監修サプリメント「MITOMAX」
http://paleo.or.jp/supplement/

パレオ協会・会員様ページ
http://paleo.or.jp/

各プログラム閲覧は以下となっております。

◆ナチュラルパレオ
(プログラム入会者全員が対象)
http://paleo.or.jp/natural/13/

◆メディカルパレオプログラム

◆ケトパレオプログラム

───────────────────────────────────
【配信元】
社団法人 パレオ協会 事務局
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-6 テロワール南青山103
電話番号:03-3400-8853 (平日10時~17時)
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

=================================================================

このページの先頭へ