Q&A 『気胸について』


気胸についてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)

いつもお世話になっております。
18歳の息子が1年前の2月に授業の体育で走っているとき胸が痛くなり左肺気胸の診断を受けました。ドレナージをせず安静で何とか自然治癒しましたが、その3か月後、とくに運動をしている時ではなく右肺気胸になりました。
この時は中度の気胸でドレナージ対象でしたが、本人も自然治癒を希望し1か月ほどかかりましたが自然治癒できました。
その後は時々胸が痛くなることがあるようですが、ひどくなることはありません。
気胸の原因は不明と言われますが、肺胞に穴が開くので粘膜の弱さが関係しますか?また気胸は再発することがよくあるとも言われますが、考えられる要因や予防できることをご教授いただければと思います。

息子が小さいころにあまり肉類を食べていないのと、プーファは気をつけていなかったです。
お忙しいなか申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

(回答)

・外傷や慢性閉塞性肺疾患(COPD)肺がんなどの基礎疾患がない気胸を自然気胸(Spontaneous pneumothorax)と言います。気胸は、肺を包む膜に空気が過剰に入ることで、肺胞を圧迫します。

・自然気胸の原因として、[hidepost=0]肺の膜の一部が弱くなって(blebs and bullae)、破れることが考えられています。

・肺の膜が弱くなる原因の最たるものは、肺の末梢の慢性炎症です。慢性炎症では組織が破壊され、セロトニン、エストロゲンなど作用で繊維化が起こります。

・特に現代人のようにプーファ過剰では、慢性炎症が持続し、セロトニン、エストロゲンが誘導されることで、[/hidepost]肺の繊維化が加速します。

・従って、自然気胸は、肺線維症の手前の病態なのです。実際に、肺線維症は、[hidepost=0]潰瘍性大腸炎、強直性関節炎などの慢性炎症疾患を合併することが多いことが知られています(Q J Med. 1972 Oct; 41(164):395-417)(J Assoc Physicians India. 2003 May;51:515-7)。

・またアスベスト、ケイ素(シリカ)、アルミニウムなどのマイクロ〜ナノ粒子の曝露によっても、自然気胸や肺線維症が起こることが知られています(Rev Med Liege. 2009 Jul-Aug;64(7-8):373-6)(Nihon Kokyuki Gakkai Zasshi. 2010 Jul;48(7):492-6)(J Ky Med Assoc. 1994 Feb; 92(2):59-61)(Mod Pathol. 2008 Jun; 21(6):784-7)(Thorax. 1975 Jun; 30(3):316-25)(Intern Med 2010; 49(19): 2143–2145)(Respir Res 2011; 12: 111)。従って、昨今の大気汚染(重金属やケイ素などが含まれる)[/hidepost]の影響もあります。

・最後に、腸の状態も肺の炎症を引き起こす原因となります。実際に、エンドトキシンが肺線維症を引き起こすことが分かっています(JCI Insight. 2018 Jul 12;3(13). pii: 98850)。

・以上から、プーファフリーを徹底し、糖質の摂取量を高めて腸の状態を改善すること(カスカラ、甲状腺粉末の摂取など)[hidepost=0]が最優先されます。また炎症後の組織修復のためにコラーゲンの摂取も併せてお勧めいたします。

可能でしたら、大気汚染の地域からの転地をお勧めします。

このページの先頭へ