Q&A 『古代小麦とリーキーガットについて』


古代小麦とリーキーガットについてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)

お世話になります。

古代から小麦は様々な地域で栽培されてきましたが、グルテン自体が問題なら、それらの地域の人々にもリーキーガットからの慢性疾患がたくさんあったのでしょうか?
それとも古代小麦は現在の小麦とは違ってリーキーガットを引き起こさないのでしょうか?

(回答)

・小麦、大麦などのグルテンがリーキーガットを引き起こすことは、私が10年前近くに日本でお伝えしてきました。

・古代小麦と総称される


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


この差が、時代を経るごとにガンを始めとした慢性病の若年齢化を招いているのです。

・小麦などの穀物が栽培され始めたのは、この1万年前の出来事です。それ以前の長い狩猟採集時代と比較すると、古代小麦を食べていた時代でさえ、健康状態は著しく悪化しているのです。加工食品オンパレードの現代では、さらに生命体の心身の健康状態が劣化するのは免れないでしょう。
(参考記事)
◆パレオ協会ニューレター◆『バイオジェニックついての考察2』http://paleo.or.jp/bkmail/9187/
◆パレオ協会ニュースレター◆  『食物アレルギーついて』http://paleo.or.jp/bkmail/8448/
◆「グルテンフリー食材についてのご質問」◆/パレオ協会ニュースレターhttp://paleo.or.jp/bkmail/5103/
◆「リーキーガットの脅威」◆/パレオ協会ニュースレター http://paleo.or.jp/bkmail/4589/

このページの先頭へ