Q&A 『皮膚につけるオイルについて』


皮膚につけるオイルについてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)
いつもお世話になります。

スキンケアに使用する油について質問です。

ここ数ヶ月、ノンケミカルを心がけ、スキンケアはフローラルウォーターとホホバオイル、日焼け止めにはココナッツオイル、に変えたら、長年の乾燥肌が治りました。

○ホホバオイルは、オメガ9とのことですが、一方で「ワックスエステルという蝋の一種なので油のように酸化しない」と聞きます。本当でしょうか?であれば、日焼け止めもココナッツオイルではなくホホバで充分でしょうか?

○「乾燥にもシミにも効くよ」と友達に勧められて、馬油を試しています。馬の油だから飽和脂肪酸かと思ったら、かなり不飽和脂肪酸が含まれている(オメガ3,6,9がバランスよく入っている)とのこと。これは、避けた方がよいでしょうか?

○それとも、ココナッツオイル、ホホバオイル、馬油、アルガンオイル等、自分の肌の調子に合わせて、心地よいものを使うのがよいのでしょうか?(今はホホバオイルがいちばん心地よいです)

油は皮膚から吸収するものも考えて摂取する、と言うお話がありましたので、気になって質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

(回答)

・ホホバオイルは種子の中ではワックスエステル(蜜蝋と同じ)が主成分ですが、他の一価不飽和脂肪酸(遊離脂肪酸として)も含まれています。本来のホホバの種子の中では、酸化されにくい形と言えると思います。

・種子が発芽すると、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


したがって、商業生産されたホホバオイルを保湿目的で長期間使用するのは、お勧めいたしません(アルガンオイルも同じです)。

・馬油は、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


がベストです。日焼け防止(紫外線の悪影響)にも効果があります。
(参考記事)
◆パレオ協会ニュースレター◆『皮膚にもプーファは危険か?』http://paleo.or.jp/bkmail/8529/
『日焼け止めにご注意を!』2015/6/23崎谷博征FB

このページの先頭へ