Q&A 『カンジダとハチミツの関係』


カンジダの対処法についてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)
歯科医師さんのブログで、歯科医師さんが、他の医師の、カンジタ菌についての、対処をのせていました。
カンジタをコントロールするにあたり、体をアルカリよせにする為に、野菜を食べるとか、セイロンシナモンがカンジタの増殖を抑えると。そして、その対処の中に、カンジタは、花密が好きだから、ハチミツは、控えたほうがいいとありました。

ハチミツは控えた方がよいのでしょうか?

(回答)

・まず体をアルカリするというのは、サイエンスの基礎が全くできていないという証拠になります。

・感染症に限らず、慢性病の原因は細胞内アルカリ化(還元状態)にあります。これも拙著やDVD等で何度もお伝えしている点なので復習をお願いします。

・セイロンシナモンは本物であれば問題ありません。感染症にも有効です

・カンジダはハチミツが好きなのではありません。ハチミツには、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


カンジダのコントロールには最も有効なのです。

・カンジダが何で増殖して害を与えるようになるかにについてはニュースレターでお伝えしておりますので、バックナンバーを是非ご覧下さい。
(参考記事)
◆パレオ協会ニュースレター◆  『カンジダはがんを増殖させる』がんの場http://paleo.or.jp/bkmail/8973/
Q&A 『ロタウイルス感染について』http://paleo.or.jp/answer/8987/
『感染症に有効な物質とは?』2019/4/8 崎谷博征ブログ
『なぜカンジダに抗真菌剤は悪手なのか?』2019/2/10 崎谷博征ブログ
『カンジダが増殖する理由』2019/1/20 崎谷博征ブログ
『感染症も糖のエネルギ―代謝!』2018/6/23 崎谷博征FB

このページの先頭へ