Q&A 『糖のエネルギ―代謝が回っている徴候について』

「糖代謝が回っている」徴候についてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)

お世話になります。
糖代謝について質問させてください。「糖代謝が回っている」という判断ができるようなもの・材料があれば教えていただきたいです(採血結果や症状?など)よろしくお願いいたします。

(回答)
・糖のエネルギ―代謝が回っている徴候は、甲状腺機能が正常化していることとイコールになります。


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



・以下はニュースレターのバックナンバーhttp://paleo.or.jp/bkmail/7960/でもお伝えした甲状腺機能の目安です。この目安は「糖のエネルギ―代謝が回っている」徴候そのものですので、再掲いたします。ご参考にされてください。

(掲載開始)http://paleo.or.jp/bkmail/7960/ 「甲状腺機能は血液検査ではわからない」


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



頻脈は甲状腺機能亢進と現代医学では考えられていますが、とんでもない間違いです。

甲状腺機能低下では、糖のエネルギー代謝がブロックされるため、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



さらに指標となるのは、朝食前後の体温、脈です。

この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



それでは甲状腺機能低下ではどうでしょうか?

甲状腺機能低下では、アドレナリンなどのストレスホルモンが慢性的に上昇しています。


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



このように甲状腺ホルモンの作用は全身に及びますので、臨床症状に留意していれば診断できます。現代人は100%近く甲状腺機能低下症です。

以上は健康神話の真実シリーズ『ホルモンの真実2』DVDにも詳述しておりますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

(掲載終了)

このページの先頭へ