Q&A 『副流煙およびマイナスイオインについて』


副流煙およびマイナスイオイン等についてのご質問に回答いたします。

(ご質問内容)

生活を振り返ってみると心配なことがあります、
私も皆様方と同じように良くなりたいです!
度々ではありますが、アドバイスよろしくお願いいたします。

・私は喫煙しないが、家内で副流煙の影響がある(凄く臭いがストレス)。
・空気清浄機を置いているが防げているのか分からない。滝風イオンメディックというマイナスイオン2400万個/cc発生機も置いているが、これまで良いと信じていたものがそうではなかった為、マイナスイオン発生機は効果があるのか知りたいです。

・インターネット環境をWi-Fiから有線に切り替えましたが、自家用車は電気やハイブリッドではないが電磁波測定器で測るとメーターを振り切っており、サプリの妨げになるのかどうか

・ヘアアイロン(コテ)を10年くらい使用しておりますが、電磁波半減のものに変えましたが控えたほうが良いのかどうか

・赤信号で停車中にノンストップで追突後、三ヵ所の病院で脳脊髄液減少症と診断・ブラッドパッチ?手術を要すると言われたが、本に臥床安静で水分摂取すれば膜が閉じるとあり、二ヵ月ほど試みたところ起き上がれるようになったが、現在も映画館やマッサージでうっ血した感じがして苦しくなり中断したりするが、このことも現在の症状に関係ありますでしょうか?
昨年まで治療院の脳脊髄液を流すというCFS療法を受けていたのですが、手術を受けていない分(リスクはあるが受けないと治らないと聞いている)何かこの病名に対しても対策したほうが良いのでしょうか。

(回答)

・副流煙については、喫煙よりも悪影響が出ます。喫煙者はタバコに含まれるニコチンによって、煙に含まれるエストロゲン様物質などの発ガン物質の影響を軽減できますが、副流煙ではその悪影響をそのまま受けてしまいます。

・日本は禁煙後進国です。建物の中でタバコを吸うことは禁止しないといけませんが、それが不可能な場合は、なるべくその場に長居しないことや、換気を徹底することしか予防策としては手立てがありません。それと同時に糖のエネルギ―代謝を高めて、煙(soot)の悪影響を軽減させていくことを継続していきましょう。

・マイナスイオンというのは、[hidepost=0]基本的にはフリーラジカル(活性酸素種)です。喘息に対してセロトニンを肺で分解するという効果がありますが、それ以外でのメリットはありません。[/hidepost]

・日本の生活環境に存在する電磁波(PC,ドライヤー、ヘアアイロンなどの電気製品)は、糖のエネルギ―代謝をブロックする作用(一酸化窒素などの炎症性物質が増加)があります。私はなるべく日本では電化製品を使用しないように努めております。電磁波を軽減する装置もございますので、ご用命の場合はお伝え頂ければと思います。

・脳脊髄液減少症は、脳脊髄を包む膜(くも膜、硬膜)に穴が開いた状態で起こります。しかし、通常はその穴は時間の経過とともに塞がっていきます。問題は、[hidepost=0]糖のエネルギ―代謝が回っていないと、いつまでも穴がふさがらないという点です。この点を現代医療は見過ごしています。[/hidepost]

・したがって、糖のエネルギ―代謝を回していれば、自然と回復していきますので、ご心配ございません。たとえ穴がまだ少し開いていたとしても、漏れた量の脳脊髄液を産生できれば問題は起こりません。脳脊髄液産生も糖のエネルギ―代謝次第です。

(ブログ・フェイスブックの参考記事)
『マイクロ波は、物質世界を加速する!』https://blog.paleo.or.jp/2019/01/07/  2019/1/7/崎谷博征ブログ
『携帯やWiFiの電磁場の最終報告』https://blog.paleo.or.jp/2018/11/15/  2018/11/15/崎谷博征ブログ
『外交官のミステリー病の正体とは!?』2018/8/31 崎谷博征 FB
『電子のフローが生命の本質』 2018/4/1 崎谷博征 FB
『電磁波汚染ーWi-Fiの真実!』 2018/8/18 崎谷博征 FB
『帯電が起こす不調』 2017/8/12  崎谷博征 FB

このページの先頭へ