8/5基礎医学完全制覇セミナー「遺伝子総集編2」

生化学12「遺伝子総集編2

~遺伝子応用編「ダイナミックに動く遺伝子」~

 

「自分の子供があまり自分に似ていない」

「小さいときに覚えた味覚が生涯にわたって変わらない」

「母親の栄養失調が子供の病気の原因」

「父親が環境で受けた影響が子供にも伝わる」

「遺伝子組み換え食品から遺伝子が感染する」・・・etc.

 

このような一見して常識と反することは、「遺伝子は固定されたものではなく、動的な存在である(モバイルDNA)」という事実からすべて説明できます。

ここから実際に「遺伝子組み換え」技術がいかに恐ろしいものかを深く理解することが可能になります。

そして何より環境という「場」によって、みなさんの体質、能力、病気のなりやすさ、寿命までが決定されていることを理解できるようになります。

ガンも健康もすべて「場」という環境が決定する。

遺伝子は「場」という環境によってはじめて発現する設計図です。そしてその設計図もダイナミックに「場」という環境で変化していく。

生命のダイナミックな営みを今回の講座で存分に味わって頂きたいと思います。

 

「遺伝子総集編2」セミナー概要

 

  • 遺伝子レベルでは人種というものはない!
  • ・「進化」は遺伝子突然変異では説明できない
  • 表現型可塑性(ひょうげんがたかそせい):Polyphenism
  • ・遺伝子発現の制御
  • ・メッセンジャーRNAmRNA)の安定性
  • ・転写の基本型
  • ・環境が遺伝する―エピジェネティックス(epigenetics
  • ・ラマルクが現代によみがえる
  • ・エピジェネティックス(epigenetics)のメカニズム
  • マイクロRNA (miRNA : microRNAs)
  • ・転写後も遺伝子発現は修復される!
  • ・刷り込み現象(インプリンティング:imprinting
  • ・ホルモンインプリンティング(ホルモンの刷り込み現象)
  • ・プーファがエピジェネティックスに与える影響
  • 母体の低栄養・飢餓とエピジェネティックス
  • ・慢性ストレスとエピジェネティックス
  • ・エピジェネティックスが原因の成人病・慢性病
  • ・父親の影響も受ける環境遺伝
  • なぜ中世ヨーロッパの王家が離婚歴のある女性を嫁にしないのか?
  • エピジェネティックスが生命体に与える影響
  • ・遺伝子は体内で動き回っているートランスポゥゾン(モバイルDNA
  • ・ストレスによって遺伝子が移動する!
  • ・ガン、慢性病とモバイルDNA
  • エイズ(AIDS)の正体
  • ・エピジェネティックスとモバイルDNA
  • エピジェネティックスと加齢
  • ・iPS細胞とは何か?
  • ・遺伝子ベースのパーソナライズド医療は医学の救世主か?

 

 

このページの先頭へ