◆パレオ協会ニュースレター◆  『コレステロール比は心臓血管疾患の指標か?』


こんにちは 事務局です。メディカル会員様からの「LDLとHDLの比率」についてのご質問と回答をシェアしたいと思います。
────────────────────────────────
(ご質問)
「最近、コレステロールの関係では、「LDL:HDL比」として、LDLとHDLの比率が問題で、これが低い方がよく、2倍以上だと循環器系疾患等のリスクが高まるとの情報発信が巷で散見されます。この点に関するご見解を教えて頂けますでしょうか。」

(回答)
LDLとHDLは、いずれも脂質のコレステロール含有量が多い脂質の運搬タンパク質です。したがって、コレステロールだけでなく中性脂肪も含まれています(さらには飽和・不飽和の遊離脂肪酸もある。)。

拙著「プーファフリーであなたはよみがえる」でお伝えいたしましたが、動脈硬化から引き起こされる循環器系疾患等のリスクは、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


そして、LDLとHDLはストレスで多くなります。これは


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


LDLとHDLが何を意味しているのか。
そして、循環器系のリスクを高める真の原因は何なのか・

をもう一度整理してみましょう。
(参考記事)
『中性脂肪が高くなる原因』http://paleo.or.jp/bkmail/8011/
『悪玉コレステロール&中性脂肪が下がると脳卒中になる!』https://blog.paleo.or.jp/2019/04/29/
『中性脂肪が高いということは“悪い”ことか?』https://blog.paleo.or.jp/2019/04/28/
────────────────────────────────
■本情報・記事の著作権は全て﨑谷医学博士(﨑谷研究所)および(社)パレオ協会に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。また、この文章はパレオ協会会員のみにお送りいたしております。第三者に転送したり、Web サイトへアップするなどの再配信は固くお断りします。発覚した場合には、ニュースレター配信の送付を直ちに停止いたします。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

────────────────────────────────

再び事務局です。
◆基礎医学シリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_basic/

◆健康パラダイムシリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_health/

◆「メディカルパレオプログラムDVD」
http://paleo.or.jp/dvdshop/

◆エネルギ―代謝を高める!厳選「ボトルサプリメント」
http://paleo.or.jp/supplementshop/

◆パレオ協会ホームページ
http://paleo.or.jp/

───────────────────────────────────
【配信元】
一般社団法人パレオ協会 事務局
〒861-8084
熊本市北区清水岩倉1-4-1
Tel / Fax 096-343-3750(平日10時~17時)

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

このページの先頭へ