◆パレオ協会ニュースレター◆  『水とミネラルについて』


こんにちは 事務局です。今回は会員さまから「水とミネラル」についてのご質問を受けましたので、回答をシェアしたいと思います。

────────────────────────────────

(ご質問)
水とミネラルについて質問です。
ミネラルを摂るために、硬水を飲むようになりました。しかし、エストロゲン(環境ホルモン)についての先生の投稿を読むうちに、わざわざペットボトルで輸入された水を飲むことに怖さを感じるようになりました。

・ペットボトル入りであっても、硬水を飲む事は価値が高いでしょうか?

・環境ホルモンの害を減少させるために、例えば、ペットボトルの水を、ガラスのボトルに入れ替えてある程度の時間をおくようなことは意味がありますか?
・精製されていない塩を摂ったり、お風呂にエプソムソルトを入れなどでミネラル摂取を心がけ、水は浄水器を通した水道水を飲むことは、硬水を飲む代わりになりますか?

(回答)
ペットボトル入りのものは必ず製造過程から販売過程までで中身の水の成分とプラスティックス(エストロゲン)が混ざり合います。

これがないと実証している会社を探しましたが、私が提携している研究所以外には見当たりませんでした。

したがって、たとえペットボトルで購入してもガラス容器に移されることをお勧めいたします。

また日本は軟水のため、カルシウム、マグネシウム不足になっています。

ミネラル総集編(DVD)で詳しくお伝えしたしましが、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


糖のエネルギー代謝が回っていない状況(甲状腺機能低下)では、マグネシウムは細胞内に保持されません。

その場合は、血液内のマグネシウム濃度が高くなります。マグネシウムはカルシウムの細胞内流入をブロックする作用があります(Med Hypotheses. 1991 Oct;36(2):140-1)(Am Heart J. 1984 Jul;108(1):188-93.)。

過剰のマグネシウムが細胞に取り込まれない、つまり血液内にある時には、


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


その結果、意識障害、心停止などが起こり得ます。

したがって、糖のエネルギー代謝を回すことがマグネシウム摂取の大前提になります。
────────────────────────────────

■本情報・記事の著作権は全て﨑谷医学博士(﨑谷研究所)および(社)パレオ協会に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。また、この文章はパレオ協会会員のみにお送りいたしております。第三者に転送したり、Web サイトへアップするなどの再配信は固くお断りします。発覚した場合には、ニュースレター配信の送付を直ちに停止いたします。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

────────────────────────────────

再び事務局です。ペットボトルプラスティックス(エストロゲン)については崎谷医師のブログを参考にしてくださいね。外出時はマイボトルを持ち歩くようにしています。これに黒糖、ざらめ、塩をいれています。最近は炭酸水メーカーという便利なものが市販されていますね。お気に入りの水を作ってみましょう。
◆基礎医学シリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_basic/

◆健康パラダイムシリーズDVD
http://paleo.or.jp/dvd_health/

◆「メディカルパレオプログラムDVD」
http://paleo.or.jp/dvdshop/

◆エネルギ―代謝を高める!厳選「ボトルサプリメント」
http://paleo.or.jp/supplementshop/

◆パレオ協会ホームページ
http://paleo.or.jp/

───────────────────────────────────
【配信元】
一般社団法人パレオ協会 事務局
〒861-8084
熊本市北区清水岩倉1-4-1
Tel / Fax 096-343-3750(平日10時~17時)

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

このページの先頭へ