◆パレオ協会ニュースレター◆  『中性脂肪が高くなる原因』


こんにちは 事務局です。ハチミツ、黒糖、フルーツなどの単純糖・二糖類を積極的に摂取することで糖のエネルギー代謝は回り、すべてが変わってきます。しかし、まだ糖を摂取することに関して誤解があるようです。複数の会員さまから、糖の摂取についてのご質問がありましたので、回答をシェアしたいと思います。長文になりますが最後までご一読ください。

────────────────────────────────
(ご質問)
1.以前、腎臓の働きが悪くなり、GFR51,7となり、糖をやめたほうが良いのかと質問させて頂きました、糖は必要とのご回答をいただき、糖を取り続けました。あれから半年ほどたちましたが、GFR71,4と回復いたしました。ありがとうございました。

ところで、この度の検診で昨年まで69だった中性脂肪が240となりました。
これは糖を取りすぎているのかと思います(黒糖を一日に何回も食べ、一日合計しますと200gほどは食べています。)食べ過ぎでしょうか、それとも糖が回らない状態なのでしょうか、ご教示いただけましたら幸いです。

2.普段食事で、アミノ酸摂取時に倍以上の糖質摂取を意識しています。
糖質一度に100グラム以上は高血糖とありましたので、例えば肉100グラムでおよそ20~30グラムのタンパク質とすると、砂糖上限100グラムから一食で食べれるタンパク質量は制限されます。

忙しくて一日一食が多いのですが、一日の摂取タンパク質量を意識して肉300グラム食べたりするのですが、タンパク質の倍以上の糖となると控えめ換算でも糖質100グラム超えるので、一度にとらないように食後に砂糖水等にして、追い糖質のような形でとってます。

アミノ酸と同時の糖質摂取は100グラムを気にしなくてもいいのでしょうか?
100グラム以上の摂取に問題がない場合に少々気になるのですが、砂糖や蜂蜜をタンパク質の倍以上投入すると自分の感覚ではかなり甘いと思います。
現実的な摂取や料理のススメはありますでしょうか?

(回答)
1.糖のエネルギー代謝が回っている人であれば、黒糖の合計200g/日では、すべてエネルギーに使用されてしまいます。糖は1日500gを超えた時点ではじめて一部がパルミチン酸(飽和脂肪酸)に変換されます(Medscape J Med. 2008; 10(7): 160)。

肥満大国の米国でさえ、1日の最大糖質摂取量(糖質全体)は250gです。トレーニング中も大量に黒砂糖を摂取している私でも1日200g前後(それでも脂肪が徐々に落ちていく)ですから、現実的には不可能です。したがって、糖を摂取しすぎると脂肪が増えるというのは迷信に過ぎません。

実際にラットを使って果糖が脂肪となって蓄積したという実験では、果糖を500g以上の量を毎日与えているものです。これは現実にはあり得ません。

さらに糖、果糖を中性脂肪に変えるのは酵素反応が多く、エネルギ―の無駄使い(エネルギーの燃料にした方が効率的!)で、糖や果糖を脂肪に変えるのは簡単ではありません。

また、糖、果糖を中性脂肪に変える(脂肪新生)量より、脂肪の燃焼(筋肉での燃焼)量が大きいため、糖からの脂肪新生で脂肪は蓄積しないのです(Clinical and Experimental, 1982 Dec, 31(12):1234-40)。

それではどうして中性脂肪が高くなったのでしょうか?


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


私は脳外科医の現役だったときに、ストレスでご飯をどんぶりに2~3杯食べていた時期がありました。もちろん、中年太りです。


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



この2つの可能性がないか一度確認してみてください。またお便りお待ちしております。

2.アミノ酸との糖の同時摂取では、100gを気にしなくてもよいです。少し甘すぎると感じるときは、無理に糖分を摂取する必要はございません。


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


以上、参考にして頂ければ幸いです。
────────────────────────────────

■本情報・記事の著作権は全て﨑谷医学博士(﨑谷研究所)および(社)パレオ協会に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。また、この文章はパレオ協会会員のみにお送りいたしております。第三者に転送したり、Web サイトへアップするなどの再配信は固くお断りします。発覚した場合には、ニュースレター配信の送付を直ちに停止いたします。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

────────────────────────────────


再び事務局です。行楽のシーズンになりましたね。先日、イベントでお弁当を作りました。普段は、地味なお弁当ですが、一年に数回作る豪華版ステーキ弁当です。ステーキは玉ねぎのすりおろしなどで下処理し、オーブン調理。付け合せの野菜は蒸してからバターやはちみつを絡めます。出し巻卵は椎茸出汁、塩と小ねぎで色よく巻きます。海老のチリソースは以前、使っていた料理本の中からパレオ風にアレンジしましたのでパレオレシピに掲載しますね。

 

◆ガン安心療法DVD
http://paleo.or.jp/dvd_health101/

◆「メディカルパレオプログラムDVD」
http://paleo.or.jp/dvdshop/

◆エネルギ―代謝を高める!厳選「ボトルサプリメント」
http://paleo.or.jp/supplementshop/

◆パレオ協会ホームページ
http://paleo.or.jp/

───────────────────────────────────
【配信元】
一般社団法人パレオ協会 事務局
〒861-8084
熊本市北区清水岩倉1-4-1
Tel / Fax 096-343-3750(平日10時~17時)

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

このページの先頭へ