■パレオ協会ニュースレター「重金属について~その1」

 

 

 

 

こんにちは事務局の菅原です。

昨日の夏至を、大荒れの嵐で迎えた東京ですが
みなさんのお住いの地域はいかがでしたでしょうか?

さて、発売以来、その内容と効果に
会員のみなさまからも、また、医療関係(治療家)の方々からも
厚い支持をいただいているコラーゲン溶解ブロックサプリメント「MITOMAX」が、
ただいま期間限定にて割引となっております。
(詳細は下段より)

リーキーガットの回復に、日々の細胞修復に
梅雨の時期には誰しもが増す、様々な排泄症状の緩和策としても、
ぜひお役立ていただけますと幸いです。

────────────────────────────────
パレオ協会ニュースレター「重金属について~その1」
────────────────────────────────

こんにちは。崎谷です。
今回は「重金属の真実セミナー」を受講された会員さまのご質問の回答を2回に分けてシェアしたいと思います。
 
(ご質問)
質問1 
 
添付ファイル1は「メタロチオネインを誘導する代表的要因」です。
http://p.bunri-u.ac.jp/lab11/research/MT.html
1位は亜鉛と銅、2位はカドミウムと無機水銀ですが、3位以下は全てストレッサーやストレス性物質です。
 
メタロチオネイン(システインを多量に含むタンパク質)は、「本来は亜鉛と銅を組織に保持するためのタンパク質」で、組織修復や抗酸化(亜鉛)、細菌や真菌を殺傷する(銅)などが主な役割であり、これが現在は重金属類が氾濫していることにより、暴露した重金属を血中や組織内でフリーにさせないために、体は亜鉛や銅をリリースしてカドミウムや水銀を抱え込んでいる。
 
このような認識で合っているでしょうか?
メタロチオネインは有害重金属類をなんでも抱え込むのでしょうか?
(アルミは鉄より軽い(=重金属ではない)ので抱え込まないということになるでしょうか?)
 
また、メタロチオネインの合成には亜鉛が不可欠と言われますが、
亜鉛は細胞内ミネラル検査のオリゴスキャンの統計によれば、
世界で一番欠乏しているミネラルとのことです。
 
メタロチオネインが上昇していることはストレスマーカーであると講義ではお聞きしましたが、亜鉛が欠乏していてメタロチオネインが合成されない状態では血液や尿検査では低値となり、重金属耐性は低くなる、と考えても良いのでしょうか?
 
(回答)
メタロチオネインというタンパク質は、文字通り
「金属+チオネイン(タンパク質)」の結合体です。
ポイントは「チオネイン」というタンパク質です。
 
チオネインは、システイン、グルタチオンなどと同じ、チオール基(イオウ)を持つ物質です。チオール基(イオウ)をもつ物質は、電子を他者に与える性質(electron donor,求核性といいます)があります。
 
一方の重金属は、

この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


 
質問2
 
「メタロチオネインが主に存在する場所は「亜鉛と銅を特に必要としている組織」でしょうか?」
 
(回答)
酸化ストレスでチオネインが上昇しますから、酸化ストレスがかかっている組織、細胞ではどこでも上昇します。亜鉛、銅はあらゆる細胞で必要とされる微量元素です。
質問3
 
「汗、尿、便からの重金属の排出の割合を参照すると、汗からが飛び抜けて多いようです。
(添付ファイル2)
http://fightingfalcon.at.webry.info/200807/article_9.html
 
講義では重金属類の排出には肝腎機能を高めることであるとのことでしたが、
運動やサウナ、または夏季に汗をかくことは重金属デトックスに有効でしょうか?
(組織分解を過剰に起こさないという前提で)
 
皮膚から汗と共に重金属を排出する場合にも、肝腎機能が大きく関与するのでしょうか?
(基本的な生理メカニズムの質問かと思いますが、調べてもよく分かりませんでした。)」
 
(回答)
まず、この添付ファイルの表のエビデンスがありません。もし、この表は何を元にして作成されたのかご存知であればシェアをお願いいたします。
基本的に重金属は肝臓・腎臓代謝です。
汗は尿と同じですから、もちろん汗からは排泄されます。
しかし、

この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?


 
次回は重金属についての質問に対する回答の後半部分をお伝えしていきます。

■本情報・記事の著作権は全て﨑谷医学博士(﨑谷研究所)および(社)パレオ協会に帰属します。許可なく複製及び転載などすることを固く禁じます。またこの文章は、パレオ協会会員さまのみにお送りいたしております。第三者に転送したり、Web サイトへアップするなどの再配信は固くお断りします。発覚した場合には、ニュースレター配信の送付を直ちに停止いたします。無断複製、転載及び配信は損害賠償、著作権法の罰則の対象となります。

────────────────────────────────

再び事務局の菅原です。

◆崎谷医師による直接診療(@ロイヤルホリスティッククリニック)
お待たせしました!「メタトロン健康診断」もスタート!
@東京:7月8月のお申込みはこちら http://royalholistic.jp/
@福岡:6月のお申込みはこちら http://royalholistic.jp/fukuoka_201706/

◆セミナー情報一覧ページ
会員専用価格ができました!
http://paleo.or.jp/seminar/4125/

◆6月24日スタート!「世界一わかりやすい基礎医学」完全制覇セミナー
http://paleo.or.jp/seminar/6057/

◆今年も季節到来!2017パレオアクティビティ「キャニオニングin屋久島」
http://paleo.or.jp/official/6295/

◆崎谷先生も食べている「パレオセット」
野菜が新鮮、こんな卵食べたことないと大好評です。
http://paleo.or.jp/official/3472/

◆究極のジビエ肉「ジビエセット」があなたのご自宅に!
http://paleo.or.jp/official/4058/

◆崎谷医師監修サプリメント「MITOMAX」
【3ヶ月セットが30%オフ!】
http://paleo.or.jp/supplement/

パレオ協会・会員様ページ
http://paleo.or.jp/

───────────────────────────────────
【配信元】
社団法人 パレオ協会 事務局
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-6 テロワール南青山103
電話番号:03-3400-8853 (平日10時~17時)
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

=================================================================

このページの先頭へ