◆「家畜肉の真実~その3」◆/パレオ協会ニュースレター

Line of Cow's Heads Trapped Behind Railings in a Barn

 

こんにちは事務局の菅原です。

今回も、前回に引き続き「家畜日の真実〜その3」をお届けします。

このような内容は、つい目をそらせたくなるものですが
現状と今後迎えるであろう食の未来を見据え、
その社会でどう生き抜くかの術を、ともに考えてまいりましょう。

またパレオ協会ではまもなく
会員様限定にてジビエセット販売を開始いたします。

今週中にはご案内できる予定ですので、
ぜひウェブサイトと事務局連絡をお見逃しなくご覧下さいませ。

────────────────────────────────
パレオ協会ニュースレター家畜肉の真実~その3
────────────────────────────────

みなさん、こんにちは。

崎谷です。

今回も近代畜産についての続きです。

このシリーズは私たちの健康にとっても非常に大切であるだけでなく、
さまざまな病気のメカニズムも知ることができます。

「家畜肉の真実~その1」で
家畜肉は屠殺後にかさ増しが行われていることをお伝えいたしました。

実は、屠殺前にも家畜はかさ増しされている事実をご存知でしょうか?

まず、ストレスのセミナーでもお伝えしていますが、
ストレス状態では細胞内に水が引き込まれます(「細胞内浮腫」といいます)。

この現象を利用して米国の畜産業界が家畜に与えたもの。

それがストレスホルモンの


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



1970年ごろに大変なスキャンダルになった


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



そのため家畜の筋肉細胞に水分が引き込まれて、いわゆる水ぶくれ筋肉細胞が出来上がります。

(ちなみにあの猛毒の重金属のヒ素でも同じ効果が得られるために、ヒ素を投与しているものもいます)

そして屠殺後も溶液でかさ増し・・・

屠殺前にも見事にかさ増しできたのですね。

スイス政府は、このような給餌をしている米国の肉の輸入をずっと拒否し続けています。

さて、今回日本からは和服を着てニュージーランドでTPPの調印をした勘違い男がいました。

TPPではこのような米国産家畜肉を拒否することはできません。

拒否したならば、一発で国際裁判所(米国の多国籍企業のコントロール下にある)に訴えを起こされて
数千億単位の多額の賠償金を日本政府が支払うことになるでしょう。

もちろん、この賠償金は私たちの血税以外なにものでもありません。

今回は


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



という薬剤を使った家畜肉の操作でしたが、
このホルモンはストレスホルモンでした。

ということは、現在の集中家畜給餌施設では
わざわざエストロゲンを使用しなくても家畜肉は立派にかさ増しされているということです。

狭い畜舎、不自然な穀物給餌、抗生剤・成長ホルモンなどの頻回注射といった劣悪な環境で家畜たちは生きています

先日、あるジビエ料理のレストランのマスターから屠殺場の話を伺う機会がありました。

豚などでも屠殺されるときには、腕や足に無数の注射痕が残っているということでした。

人間でいえば完全にジャンキ状態でしょう。

こういう身の毛もよだつ環境で生きていれば、必ずストレスは上がります。

体内のストレスホルモンが発動して細胞に水分が引き込まれます。

私たちの体も慢性ストレスによってこれとまったく同じ反応が起きることを覚えておいてください。

────────────────────────────────

再び事務局の菅原です。

◆セミナー情報一覧ページ
http://paleo.or.jp/seminar/4125/

◆崎谷先生も食べている「パレオセット」
野菜が新鮮、こんな卵食べたことないと大好評です。
http://paleo.or.jp/official/3472/

パレオ協会・会員様ページ
http://paleo.or.jp/

各プログラム閲覧は以下となっております。

◆ナチュラルパレオ
(プログラム入会者全員が対象)
http://paleo.or.jp/natural/13/

◆メディカルパレオプログラム
(メディカルパレオ、ケトパレオ参加者が対象)
http://paleo.or.jp/medical/33/

メディカルパレオ記事一覧
メディカルパレオへ参加したい場合は
↓こちらから↓
http://paleo.or.jp/medicalpaleo/

◆ケトパレオプログラム
(ケトパレオ参加者が対象)
http://paleo.or.jp/keto/81/

ケトパレオプログラムに参加したい場合は
↓こちらから↓
http://paleo.or.jp/ketopaleo/

───────────────────────────────────
【配信元】
社団法人 パレオ協会 事務局
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-6 テロワール南青山103
電話番号:03-3400-8853 (平日10時~17時)
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

=================================================================

このページの先頭へ