◆「魚油についての京大論文について」◆/パレオ協会ニュースレター

PHOTO-DHA-ALGOFIT

こんにちは事務局の菅原です。

本日は大晦日、いよいよ2015年もおしまいですね。

今年はみなさんにとってどんな一年でしたか?

パレオ協会では、情報アップデートに走りまわった一年でした。

わたしたちは、今まで信じ実践してきたことが覆ることに、つい戸惑いと不満を抱くものですが
それでも崎谷医師の、常識も自身の持論をも疑いながら真実に近づこうとする姿勢から、
この世界この社会で、生き残るための強さを教えてもらった一年でもありましたね。

パレオ協会事務局は、28日をもちまして年内の営業を終え
年明けは1月5日よりとなります。

一年間、ありがとうございました。

みなさま、健康で、笑顔で、よいお年をお迎えくださいませ。

────────────────────────────────
■パレオ協会ニュースレター「魚油についての京大論文について」
────────────────────────────────

みなさん、こんにちは。
崎谷です。

 

オメガ3の中でも毒性がより強い魚油について
私の結論とは反対?の論文が京大から報告されていました(Scientific reports. 2015;5;18013.)。

これはマウスの実験では、魚油は


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



を促進したようです。

 

実はヨーロッパや北米では、魚油を与えた家畜は代謝が落ちることから、
エサの量が低下するというコスト面の理由で、給餌に魚油あるいはシードオイルを混ぜていました。

ところが、長期間これをやると家畜にガンなどのさまざまな病気が出るために、
あまり積極的に行われなくなった経緯があります
(ただし、ヨーロッパでは魚油ではないもののまだ魚は草食動物である家畜に給餌されています)。

興味深いことはマウスではこれと逆の現象がどうやらみられたというのがこの実験。

酸素消費量が高まったということから、代謝はむしろ上がったと考えてよいと思います。

 

代謝が上がるのはよいのですが、ここでの問題は


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



してしまうこと。

現代人の蓄積脂肪は


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



の割合が非常に高くなっています。

これが分解されて血液中に出てしまうことが、慢性病の原因であることは「油の真実~続編」でお伝えしていく内容になります。

 

さて、なぜこのような相反するデータがでるのでしょうか?

いまホルモンのセミナーで取り組んでいる「エストロゲン」というホルモン。

このエストロゲンはマウスと犬ではまったく逆の結果が出ます。

犬では強力な毒性を発揮するのですが、マウスでは毒性を発揮しないのです。
犬とマウスの体内の代謝の違いもさることながら、毒性が出るまえにマウスは寿命が尽きてしまいます。

ガンや慢性炎症は長期間にわたる慢性病ですので、マウスやラットなど1~2年で寿命が尽きる動物には影響が出にくいのです。

 

このことが分かって以来、
エストロゲンの実験には当初使用されていた犬は使われなくなり、
それに代わってマウスやラットが使用されるようになりました。

おそらくこの実験に再現性(誰がやっても同じ結果)があるのならという前提ですが、
エストロゲンと同じことが起こっているのではないかと思います。

つまり、犬で魚油を与えると


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



結果になるということです。

魚油が本当に


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



犬や人間などの寿命がより長い哺乳類で再検討する必要があるでしょう。

 

ちなみに、ラットでも10年という長寿のもの(ハダカデバネズミ)では、
魚油よりさらに毒性の強い


この記事は一部制限がかかっています。
会員の方はログインしてご覧下さい。
会員で無い方は、パレオ協会に入会しませんか?



が分かっています。

少なくとも今までのヒトを含めた高等動物の実験結果では、
魚油が代謝を上げるというようなことはありません。

体内脂肪分解についてはまた稿を改めてお伝えしていきますね。

────────────────────────────────

再び事務局の菅原です。

◆パレオセミナー
・1月11日 健康神話〜『ホルモンの真実』@東京
http://paleo.or.jp/official/3904/

・1月15日 健康神話〜『油の真実』@大阪
http://kokucheese.com/event/index/353145/

・2月1日 健康神話〜『油の真実2』@福岡
お申し込み開始まで今しばらくお待ちください

◆崎谷先生も食べている「パレオセット」
野菜が新鮮、こんな卵食べたことないと大好評です。
http://paleo.or.jp/official/3157/

パレオ協会・会員様ページ
http://paleo.or.jp/

各プログラム閲覧は以下となっております。

◆ナチュラルパレオ
(プログラム入会者全員が対象)

ナチュラルパレオ Week0「パラダイムシフト」

◆メディカルパレオプログラム
(メディカルパレオ、ケトパレオ参加者が対象)

メディカルパレオ第1回 グルテンチャレンジテスト

メディカルパレオ記事一覧
メディカルパレオへ参加したい場合は
↓こちらから↓

メディカルパレオプログラムについて

◆ケトパレオプログラム
(ケトパレオ参加者が対象)
http://paleo.or.jp/keto/81/

ケトパレオプログラムに参加したい場合は
↓こちらから↓
http://paleo.or.jp/ketopaleo/

───────────────────────────────────
【配信元】
社団法人 パレオ協会 事務局
〒107-0062
東京都港区南青山6-8-6 テロワール南青山103
電話番号:03-3400-8853 (平日10時~17時)
※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

配信の停止は  http://paleo.or.jp/login/?action=profile

(一旦ログインが必要です)

=================================================================

このページの先頭へ